自社ブラックは半永久的!?

クレジットカード審査と自社ブラックについて

a0002_010364

ブラック=過去に金融事故を起こしているという事ですが、個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されている場合、登録期間が過ぎるまではクレジットカード審査で落とされる可能性が非常に高いです。

逆に言えば、事故情報の登録期間が過ぎてしまえば、クレジットカード審査に通る可能性が高くなります。まあ、これは個人信用情報機関の信用情報には決められた登録期間がありますので、大抵の場合にはその登録期間が過ぎれば事故情報が削除される仕組みになっています。

※信用情報の登録期間個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?

 

ちなみに、この事故情報ですが、登録されているのは何も個人信用情報機関の信用情報だけでは無いんですよね。実はこの事故情報、事故を起こした金融会社の自社データベースに登録されている可能性が非常に高いのです。

ですので、過去に金融事故を起こした事がある金融会社の各種審査に通るためには自社ブラックの登録が解除されないとほぼ不可能になりますが、自社ブラックの登録が解除される事はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


ブラックになっているクレジットカード会社のカード作成はどうなの?

個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?で説明しましたが、個人信用情報機関へ登録される事故情報には登録期間が決まっているため、登録期間が過ぎれば事故情報は削除されます。

しかし、過去に金融事故を起こしてブラックになってしまったクレジットカード会社では、個人信用情報機関で決まっている登録期間の制約は受けません。

 

というか、各クレジットカード会社では、個人信用情報機関とは別に独自の信用情報を保有しており、過去に自社で金融事故を起こした利用者をブラック情報として長期間残しておくのです。

それはそうですよね?過去に金融情報を起こした利用者をブラック情報として登録しておかないと、クレジットカードを発行してしまい、再度金融事故を起こされてしまう可能性がありますから。

 

つまり、過去に延滞や債務整理などの事故情報を起こしてしまった場合には、該当するクレジットカード会社独自の信用情報からは5年経っても消えません。

さらには、このブラック情報の登録期間は各クレジットカード会社によって異なりますが、中には半永久的に登録されている会社があるとも言われています。

ですので、ブラックになっているカード会社のカード作成は、半永久的に不可能と考えておいた方が良いです。いつまでもその会社にこだわっているよりも、新しいクレジットカードを探した方が生産的になりますよ。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ