換金性の高い商品の購入は控えましょう

換金性の高い商品の購入はチェックされます

a1180_014903

個人信用情報機関の信用情報に延滞や債務整理などの事故情報が登録されている=ブラックの場合には、ほぼ100%クレジットカード審査で落ちる事になります。というか、信用情報に事故情報が登録されている時点で、クレジットカード申込者の信用はほとんどありませんから。

ただ、信用情報に事故情報が登録されていない場合にもクレジットカード審査で落ちる事があり、その1つ目が消費者金融からの借入になります。まあ、消費者金融からの借入があると、クレジットカード会社に対してあまり良い印象を与えませんのでこれは仕方ありません。

※消費者金融からの借入審査に悪影響を及ぼす消費者金融からの借入

 

しかし、実は消費者金融からの借入以外にもクレジットカード審査に悪影響を及ぼす可能性があるものがありますので、今回の記事で説明しますね。

 

スポンサーリンク


ショッピングローンで換金性の高い商品を複数購入してはいけません!

ショッピングローンで購入した商品は、大まかなジャンルに分けて個人信用情報機関の信用情報に登録されています。そして、クレジットカード会社では、このジャンルを見ればクレジットカード申込者が最近どのような商品を購入したのかを把握することが可能です。

まあ、クレジットカード申込者が最近どんな商品を購入しているのかは申込者の勝手だと思うかも知れませんが、この商品の中でクレジットカード会社が目を光らせている商品があるのです。

 

そこで、クレジットカード会社が目を光らせている商品ですが、それは質屋や中古販売店などで簡単に換金できて、なおかつ金銭的な価値も高い換金性の高い商品になります。

例えば、デジタルカメラ(比較的高額なもの)やビデオカメラ、ノートパソコンに宝石などの貴金属類などがあります。これらの商品は、商品サイズも小さいため簡単に換金できそうですよね?

 

何故換金性の高い商品が嫌われているのでしょうか?

ただ単に、換金性の高い商品ばかりを複数購入していても、それは本当に購入者が欲しい物だから購入した可能性も十分考えられます。

しかし、クレジットカード会社では、換金性の高い商品ばかりを複数購入している場合には、商品を換金して現金に変える=今すぐ現金が必要だと考えてしまうのです。

今すぐ現金が必要という事は多重債務の可能性ありと判断されますので、クレジットカード審査で落ちる可能性が高くなってしまいます。

 

換金性の高い商品を複数購入してはいけない期間とは?

これは、個人信用情報機関の信用情報に申込情報が登録されている6ヶ月間に3件以上(1ヶ月では2件以上)の登録情報があると、クレジットカード審査で落ちる可能性が非常に高くなります。

ちなみに、この換金性の高い商品の複数購入ですが、これは何もクレジットカード審査だけではなく、オートローンや銀行融資などにも悪影響を与えてしまいます。

ですので、信用情報に換金性の高い商品の購入履歴が複数登録されている方は、それらの商品代金を完済後にクレジットカードやオートローンなどに申込をした方が良いです。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ