CICへの開示請求について

CICでの開示請求におけるメリットやデメリットについて

a0003_001820

個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行うと、何かしらのメリットやデメリットが生じるのではないかと思うのは、ごく当たり前のことだと思います。

まあ、個人信用情報機関はほぼ全ての金融会社が加盟していますので、ここへ何らかのアクションを起こした場合、その情報が各金融会社へ判明してしまうのではないか?と考える方がいるかも知れませんし。

特に、現在クレジットカード審査で困っている方にとっては、個人信用情報機関へ信用情報の開示が審査に悪影響を及ぼすのではないか?と思われているかも知れません。

 

ただ、そうは言ってもカード審査に通らない方は、その原因を突き止めるべく個人信用情報機関へ信用情報の開示請求は必須となっていますので、開示請求は避けては通れない事なんですよね。

それでは、実際に個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行った場合のメリットやデメリットには、一体何があるのでしょうか?今回は、株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)について説明します。

 

スポンサーリンク


CICへの情報開示でのメリット

やはりメリットと言えば、CICに自分の信用情報がどのように登録されているのかを知ることが出来るという事ですね。CICに自分の信用情報がどのように登録されているのかが分かれば、今後のクレジットカード審査の対策に役立ちますから。

特に、信用情報の開示では、自分が支払い済みだと思っていたものが実は延滞として登録されていたり、まだ事故情報の登録期間内だからと思っていたら、すでに事故情報の登録情報がなかったりという事があります。

ですので、もしあなたがクレジットカード審査で困っているのであれば、まずはCICへ信用情報の開示請求を行ってくださいね。

 

CICへの情報開示でのデメリット

これは、信用情報の開示請求を行い自分の信用情報を確認するでも説明しましたが、開示請求の際に窓口では500円、インターネットや郵送では1,000円の手数料が掛かることです。

ただ、この程度の金額で今後のクレジットカード審査の対策を立てられるのであれば、安いものだと思います、というか思った方が良いです。自分の中身(信用情報)を知らないで、相手(クレジットカード会社)に挑むのはリスクがありますから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ