ブラックを解除する事は難しい

ブラックの解除について説明します

a0055_000836

クレジットカードのブラックリストってなに?では、個人信用情報機関の信用情報に重度の延滞や債務整理などの事故情報が登録されていることをブラックと呼んでいると説明しました。

そして、信用情報に重大な延滞や任意整理、自己破産などの金融事故情報が登録されている=信用情報がブラックだと、ブラック情報が消えるまではクレジットカード審査に落ちる可能性が高いとも説明しました。

 

ただ、現在クレジットカード審査が通らない、またはクレジットカード審査で困っている方は、ブラック情報が消えるまで(最短5年間)クレジットカードが作れないとなると、とても困ってしまうと思いますし、また各種買い物においても不便さを感じる事が多々あるのではないかと思います。

ですので、信用情報がブラックの方は今すぐにでもブラックを解除したいと考えているかも知れませんので、今回の記事ではクレジットカードのブラックは解除することが出来るのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードのブラックは解除可能なのでしょうか?

これについては、基本的に解除することは出来ません。基本的にと書いたのは、万が一信用情報に登録されている信用情報に誤った情報が登録されている場合に、誤った情報を登録した金融会社に修正依頼を出すことによってのみ、登録情報を削除(解除)する事が可能だからです。

つまり、信用情報に登録されているブラック情報は、その情報が事実と異なっている場合以外では解除することは出来ないのです。

 

ブラックは解除出来ないが登録期間が短くなる可能性も?

これについては、 個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?の記事を思い出して欲しいのですが、各登録情報の登録期間で5年や10年を超えない期間と書いてありますよね?

これは一体どういう事かと言うと、この○年を超えない期間という表現は、必ずその年数の期間だけ情報が登録されているという訳ではないという事を示しているのです。

 

例えば、情報の登録期間が5年を超えない期間でも、各金融会社によっては5年を待たずに情報を削除するところがあるのです。

実際に、任意整理情報が4年程度で、自己破産の官報情報が6年程度で信用情報から削除されていたという事例の報告もありますので、各金融会社の裁量によっては登録期間以内での削除が十分ありえます。

ですので、過去に重度の延滞や債務整理を起こした方は、事故情報の登録期間以内であっても、一度信用情報の開示請求をお勧めします。ひょっとしたら、信用情報から事故情報が削除されているかも知れませんから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ