複数持つためのクレジットカードはこれ

クレジットカードを複数持つためにすべきこと

a0002_003940

ごく一般的な属性の方(年齢30歳前後、年収300万程度、勤務や居住年数2~3年程度)であれば、1人で持てるクレジットカードの枚数は3~5枚程度になります。これに、年収や勤務年数や居住年数が長ければ、さらに複数枚のクレジットカードを持つ事が可能になります。

まあ、クレジットカードには、そのブランドや提携先などによって複数の種類がありますので、目的別にカードを持ちたいという欲求からカード保有枚数が1枚だけでは足りないという方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、以前の私はいろいろな目的にために一時期ゴールドカードを含めて10枚近くのカードを保有していた事がありますが、カードの持ちすぎによって多重債務に陥るという苦い経験があります。

 

と私の話は置いておいて、ごく一般的な属性の方でも、もう少しクレジットカードが欲しいという方もいるのではないかと思います。そこで、今回の記事では、クレジットカードを複数持つために最適なクレジットカードを紹介しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードの複数枚保有は多重債務の可能性あり

クレジットカード会社では、例え申込者が過去に延滞を起こしていなくても、今後の多重債務性をクレジットカードの保有枚数で判断します。

まあ、クレジットカードには利用可能限度額が決められていますが、クレジットカードを複数枚持っていれば利用可能限度額は結構な金額になりますからね。

 

つまり、クレジットカードを複数枚持っているという事は、それだけで今後多重債務になる可能性が高い事を意味しているのです。

ただ、クレジットカードを複数枚持っていたとしても、それ以降はクレジットカードを作れないかというとそうでもなく、実は審査上ある程度融通が利くクレジットカードがあるのです。

 

クレジットカードを複数持つために最適な百貨店カード

この百貨店カードとは、その名の通り三越や西武などの百貨店とクレジットカード会社が提携して発行しているクレジットカードなのですが、これらの百貨店カードは通常のクレジットカード審査よりも柔軟審査になっています。

そして、百貨店カードを作る方の場合、クレジットカードの利用限度枠 ではなく、そのクレジットカードを持っている事によって得られる特典を目当てにしている事が多いのです。

つまり、百貨店カードを複数枚持っていてもクレジットカードの利用限度枠ではなく特典目当て、さらには百貨店は1店舗だけではなく複数ありますので、クレジットカード会社から見ても不自然ではないんですよね。

 

まあ、それでもあまり多くのクレジットカードを保有していると、その後のクレジットカード審査にも影響してきますので、クレジットカードの保有枚数はほどほどにしておいたほうが良いです。何事もやり過ぎには注意ですよ。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ