Amazonでの現金化の仕組みとは?

Amazon現金化の仕組みについて

20140602

今回もクレジットカード現金化に関する記事になりますが、この現金化はクレジットカードの利用規約違反という告知の意味も込めて書いています。

だってそれは、現金化を利用するだけで、

すでの10~20%の手数料を取られる
業者によっては買い取り代金が支払われず詐欺にあう
詐欺にあってもカード利用代金の支払い義務は発生
多重債務になる可能性が非常に高い
バレるとカード利用停止または強制解約
強制解約の場合その後のカード審査に影響する可能性が高い

などなど、その場をしのげたとしても、その後のリスクが非常に高いからです。ですので、当ブログを読んでいるあなたは、決してクレジットカードの現金化は利用しないでくださいね。

 

あなたは、クレジットカード会社にカードの現金化がバレなければ問題ないと思っているかも知れませんが、カード会社でも現金化は監視していますので、ある日突然バレる事があるのですから。

 

スポンサーリンク


クレジットカード現金化のAmazonの正体とは?

今日ネットで現金化に関するキーワードを検索していたら、クレジットカード 現金化 Amazonが出てきたので、説明しますね。とは言っても、このキーワードからも分かるように、現金化はAmazonを使った方が良いという事らしいです。

というのも、AmazonにはAmazon内のショッピングで利用可能なAmazonギフト券というものがあり、このAmazonギフト券をクレジットカードで購入して現金化業者に買い取ってもらうという流れのようです。

 

なぜAmazonギフト券が狙われているのでしょうか?

ネット通販大手のAmazonで使えるだけあって、このAmazonギフト券は非常に人気が高く、贈答用としてもとても喜ばれています。人気が高い=需要が高い=買取値も高いの三拍子(?)が揃っているので、このAmazonギフト券が狙われています。

さらに、Amazonギフト券ですが、通常のギフト券タイプとEメールだけでやり取りできるタイプの2種類があって、現金化ではネット上だけで完結できるEメールタイプが狙われているようです。

確かに、わざわざ現金化業者にギフト券を持ち込む、または送付する手間が省けますから、Eメールタイプは便利なのでしょう。

 

Eメールでも現金化には変わりありません!

たとえ、現物がないEメールでも現物でもクレジットカードの現金化には変わりがないので、当記事の冒頭で説明したようなリスクが多くあります。あなたは、このリスクを背負ってまでクレジットカードの現金化をしますか?ということなんですよね。

さらに、この現金化にはリスクがあるのですが、それについては次回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ