カードの現金化を続けると大変な目にあう可能性があります

クレジットカードの現金化がダメな理由について

a0055_000510

何故クレジットカードの現金化はNGなのでしょうか?
クレジットカードの現金化を行えば、すぐに現金を調達する事が可能なんですけど。

 

などなど、たまに私の元へクレジットカード現金化に関する質問や問い合わせが来る事があります。まあ、クレジットカードの現金化を行おうとしている方は、私の過去の質問の経験から圧倒的に手持ち現金が不足している方が多いんですよね。

手持ちの現金が不足しているので、何とか現金を調達するためにクレジットカードのショッピング枠で高額な商品を購入して買い取り屋へ売る=カードの現金化を考えているのだと思います。

 

ただ、私はこのカード現金化の質問や問い合わせに対して、クレジットカードの現金化は絶対に行わないようにして下さい!と回答していますが、何故クレジットカードの現金化はNGなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットカード現金化の規約違反は当たり前です

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会員規約に明確に違反している訳ですが、そもそも会員規約を隅から隅までくまなく読んでいる方は、ほとんどいないのではないでしょうか?

ただ、会員規約を隅から隅まで読んでいようがいまいが、クレジットカードに申し込んだ時点でクレジットカード申込者は会員規約に同意したものと見なされます。

 

これを結構軽く見ている方が多いように思えるのですが、いざ問題が起こってから私は会員規約を読んでいないから関係無いで済むのかと言えば、答えはNOです。

そう、会員規約を読んでいないからと言って逃れることは出来ませんので、現金化がバレた時点でクレジットカードの利用停止や強制解約になる恐れがあります。

ですので、いくらあなたが現金化=会員規約違反と言う事を知らないで現金化を行った場合でも、クレジットカード会社から見れば会員規約に記載している訳なので、顧客の事情は関係無くクレジットカードの利用停止や強制解約を行う事が出来るのです。

※クレジットカード現金化クレジットカード現金化がバレるとクレジットカード審査に影響しますか?

 

強制解約よりも恐ろしい事態になる可能性があります

先程も説明しましたが、クレジットカード会社に現金化がバレた場合、クレジットカードの利用停止や強制解約になる恐れがあります。ただ、この場合はクレジットカードが使えなくなるだけ(これでも十分ダメージがありますけど)になります。

これに対して、クレジットカード会社に現金化がバレなかった場合には、そのままクレジットカードを利用する事が出来ますよね?

ただ、この現金化は現金化業者に手数料を10%前後支払ってショッピング枠を現金に換えますので、現金化を行う度に手数料が積み重なっていく事になります。

 

さらに、一時的に現金を手にしたとしても債務自体はそのまま残っている状態になるため、何らかの方法で債務を返済していかないと債務+手数料が増え続けていく事になるのです。

債務+手数料が増え続けていくとどうなるのか?それはその後債務超過に陥る可能性が極めて高くなる傾向があるのです。

私の経験上、この債務超過に陥ってしまうと、その後債務整理になる可能性が極めて高くなり、債務整理になってしまうとその後数年間はクレジットカードや各種ローンの利用が出来なくなってしまいます。

 

特に任意整理や個人再生になった場合には、クレジットカードは使えないのに債務は支払い続けなければならないという事態になってしまうのです。

※任意整理債務整理における任意整理とはどういうことですか?
※個人再生債務整理における個人再生とはどういうことですか?

ですので、いくらクレジットカードの現金化が簡単に出来るからと言っても、その後の債務超過につながる可能性がありますので、絶対に行わないようにして下さい。債務超過=多重債務に陥ってしまったら、その解決方法は限られてしまうのですから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ