クレジットカードで自動車税は支払えます

自動車税とクレジットカードについて

a0006_000972

私たちが日々生活していると、いろいろなところで税金が掛かりますよね?買い物をする度に掛かる消費税を筆頭に、毎月掛かる所得税(会社勤務の方)や1年の内数回に分けて掛かってくる固定資産税などなど、あなたも何かしらの税金を支払っている事でしょう。

そんな私も、消費税はもちろん、住民税や所得税(自営業なので年数回に分けて支払っています)、さらには固定資産税など、1年間で結構な税金を支払っています。

 

まあ、これは国民の義務なので仕方ありませんが、これ以外にも自動車を保有している方には毎年5月下旬に自動車税が掛かってきます。自動車税は、保有している車種によって7,200円~100,000円以上(営業者は除く)までと、かなりの幅があります。

まあ、自動車税が毎年100,000円以上の方は、少数派かと思われますが、大抵の方は保有している自動車1台に付き毎年30,000円~50,000円前後は支払っているのでは無いでしょうか?

特に、自動車を複数台保有している方は、毎年5月下旬になると大きな出費になると思いますが、実はこの自動車税、一部の地域を除いてクレジットカードで支払う事が可能なんですよね。

 

スポンサーリンク


自動車税はクレジットカードで支払い可能です

まだこれは、全国一律で支払えるという訳では無く、47都道府県の約半数の都道府県でのみ可能になります。ちなみに、現在自動車税をクレジットカードで支払える都道府県は下記の通りです。

■北海道、青森県、宮城県、山形県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、奈良県、和歌山県、鳥取県、岡山県、香川県、福岡県、佐賀県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

上記道県にお住まいの方は下記のサイトから手続き可能です。

Yahoo!公金支払い

 

■東京都、大阪府、三重県

上記都府県にお住まいの方は、各都府県のお支払いサイトで手続き可能です。

 

自動車税をクレジットカードで支払う事のメリット

自動車税をクレジットカードで支払う場合、何かメリットが無ければ行わないと言う方に、ここでは考えられるメリットについて説明しますね。

■現金を用意する必要が無い

毎年5月下旬と言えば、春先やGWでの出費でお金が少ない時期になっている方が多いと思いますので、自動車税をクレジットカードで支払えば引き落としが翌月または翌々月になるため、資金繰りで苦労する必要が無くなります。

 

■外に出向く必要が無い

自動車税を口座引き落としにされている意外の方は、自動車税の支払いのために銀行やコンビニなどに出向く必要がありますが、クレジットカード支払いの場合にはネット上で完結しますので外に出向く必要がありません。

 

■ポイントが貯まる

自動車税をクレジットカードで支払う場合、300円前後の支払い手数料が掛かります。しかし、大抵のクレジットカードにはポイントプログラムがありますので、自動車税をクレジットカードで支払えば1%前後のポイントが付きます。

ですので、このポイントでクレジットカード払いの手数料をまかなう事が可能になりますので、実質手数料はゼロに等しくなります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ