クレジットカード審査での口座残高の扱い

クレジットカード審査と口座残高には関係があるのか?

a0002_003008

大抵の方は、銀行や農協、郵便局などの金融機関に金額の差はあると思いますが預金をしていると思います。いやいや、私は現金主義者だから金融機関へは預金していないという方は別ですけど。

それはともかく、将来の為や現金で持っているとすぐに使ってしまう、または自宅に現金を保管しておくが怖いという方もいると思いますので、金融機関の預金口座を利用している方は多いのではないでしょうか?

 

中には数百万円や数千万円も預金している方がいると思いますが、クレジットカード審査ではこの銀行口座残高が審査に影響するのでは?と思っている方がいるようです。

確かに銀行口座預金残高が多ければそれだけクレジットカード利用代金の支払いにも余裕があるため審査では有利になりそうな感じですが、実際の審査ではどのような扱いになっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク


金融機関には守秘義務がある

私たちが預金している金融機関ですが、この金融機関が第三者に顧客の預金残高情報を教えたらどうなると思いますか?例えば、金融機関が貴金属販売事業者や高級車販売事業者などに高額預金者の情報を流したとします。すると、これらの事業者は間違いなくその顧客に売り込みを掛けますよね?

ただ、顧客が貴金属や高級車が欲しい時期とマッチングしたのであれば顧客と事業者の間で売買契約が成立しますが、顧客に購入の意思が無い場合、事業者からの売り込みはただの迷惑になってしまいます。

そして、事業者に口座預金残高の情報を流した金融機関も顧客からの信用を失ってしまう事になってしまうのです。

 

さらに言えば、個人情報保護法によって金融機関は預金者の個人情報を厳重に管理する必要があり、万が一個人情報の漏洩が発覚した場合には金融庁から一時業務停止などの厳しい処分が課せられる事になってしまいます。

ですので、金融機関の口座預金残高がクレジットカード会社へ流れるという事はありません。

 

口座残高が分からない以上クレジットカード審査に影響はない

先程も説明しましたが、個人情報保護法により金融機関が顧客の個人情報を厳重に管理していますので、クレジットカード会社ではクレジットカード審査申込者の預金口座残高を調べる事が出来ません。

調べる事が出来ないという事は、クレジットカード会社では申込者の預金口座残高を知る事が出来ませんので、口座残高がクレジットカード審査に影響する事はありません。

 

私は銀行口座に数百万円の預金があるから。クレジットカード審査では有利になると思っている方もいるようですが実際の審査では関係ないので、審査に不安のある方は今一度属性情報や信用情報を確認して下さい。

そして、審査で不利になりそうな項目があれば修正して審査に申し込むようにしていただければと思います。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ