債務の踏み倒しても良い事は有りません

債務の踏み倒しはしない方が良いです

a0001_015918

世の中には、クレジットカードやローンを利用している時に、勤務先が倒産してしまった、突然解雇されてしまった、事故にあってしまったなど、思いがけない理由によって収入が途絶えてしまい、毎月の支払いが困難になってしまう方がいるようです。

まあ、勤務先の倒産や突然の解雇の場合には新しい勤務先を探せば良いのですが、今のご時勢なかなか再就職が出来ないという方が多くいますので、勤務先の倒産や解雇=すぐに再就職とはならないようですね。

 

ただ、再就職が出来ない=毎月の収入が無くても基本的にクレジットカード会社やローン会社ではそんな事情は考慮してくれませんので、債務残高がある限りは毎月請求が来る事になりますが、無職=収入が無いので毎月の支払いを行う事が出来ず、最悪支払い不能になる可能性があります。

そして、万が一支払い不能になった場合には、大まかに弁護士や司法書士を通しての債務整理か、債務全額を踏倒して逃げるかの2択になりますが、果たして債務全額の踏倒しは得なのでしょうか?それとも損なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


債務整理の事実が信用情報へ登録される期間は5~10年間

任意整理や個人再生、さらには自己破産などの債務整理を起こした場合には、個人信用情報機関の信用情報に事故情報として5~10年を超えない期間登録されます。

※信用情報の登録期間個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?

つまり、過去に債務整理を起こした場合には、基本的に5~10年間はクレジットカード審査やローン審査で落ちる可能性が非常に高くなります。ただ、信用情報から債務整理情報が削除される5~10年間を過ぎればクレジットカード審査やローン審査に通る可能性が出てきます。

 

債務の踏倒しは基本的に貸倒償却で処理されますが・・・

クレジットカード会社やローン会社(以下金融会社)では、債務者が債務を残したまま夜逃げなどで行方不明になった場合には、基本的に貸倒償却の処理を行う事になります。

ただ、この貸倒償却ですが、この処理が行われる時期は各金融会社によって異なる場合が多いのです。というのも、貸倒償却を行うためには、各金融会社に貸倒償却を行うための原資があるのかないのかでその時期が違ってくるからです。

例えば、過去の貸倒償却の事例では、毎月の支払いが止まってから貸倒償却が行われるまで約16年も掛かった事がありました。この場合、支払いが困難になってからすぐに債務整理を行っていれば10年以内には信用情報から事故情報が削除されていたのです。

 

また、金融会社が貸倒償却を行うまでは、例え債務者が行方不明だとしても住民票の除票を徴収しながらどこまでも追い詰めて見つけ出し、債務の支払いが完了するまで長期間督促を行いますので、債務者への精神的な負担は計り知れません。

まあ、逃げているという時点で、金融会社にいつバレるのか?と毎日のように怯えながら生活をする事になりますので、日々精神が壊れていく可能性もあります。

ですので、いくら毎月の支払いが困難になったからと言っても、夜逃げで債務全額を踏倒そうとするのではなく、早めに弁護士や司法書士に相談して債務整理を行った方が良いです。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ