支払いが遅れた場合の対処方法はこうして下さい

クレジットカードの支払いが遅れた時

a0002_007917

長年クレジットカードを使っていると、ついうっかりクレジットカードの利用代金の支払日を忘れていた、または支払日に遅れてしまったという事が1度や2度はあるのではないでしょうか?

例えば、給料受取口座とクレジットカードの利用代金の支払い口座が別で毎月の給料日が25日で支払日が27日だった場合、曜日周りの関係で給料日が27日になってしまい、27日は仕事で銀行口座への入金が出来なかったなど。

 

実はこれ、私の過去の実体験によるものですが、世の中には仕事の都合によりこういった事でクレジットカードの利用代金の支払いが遅れてしまった方がいるかと思います。

まあ、クレジットカードを使っている以上、その利用代金の支払いは毎月延滞無くきちんと行う必要がありますが、中には遅れてしまう場合もある事でしょう。そんな時、必ず行うべき事とやってはいけない事があるんですよね。

 

スポンサーリンク


支払いが遅れた時にやってはいけない事とは?

基本的に、クレジットカードの利用代金の支払いが遅れた場合、クレジットカード会社によっては後日再引き落しを掛ける会社もありますが、再引き落としが無い会社もあります。

※クレジットカードの延滞クレジットカードの延滞が利用停止につながる場合とは?

ただ、世の中にはクレジットカードの支払いが遅れても必ず再引き落としがあると思い込んで、銀行口座へお金を入れたまま放置する方がいます。すると、再引き落としの無いクレジットカード会社では、顧客に対して支払いを督促する連絡が掛かってくる事になります。

そして、この督促が来るという事は、すでにクレジットカード会社からは信用を失っている可能性があるため、クレジットカード会社によってはカードの利用停止になる可能性があるのです。

 

ですので、クレジットカードの利用代金の支払いが遅れたとしても、そのまま放置する事は絶対にやめて下さいね。それと、長期間放置=支払いから逃げるなんて行為は、クレジットカードの利用停止や強制解約だけでは無く、信用情報にも傷が付くという事を忘れないで下さい。

 

支払いが遅れた時にすべき事とは?

先程のやってはいけない事では、放置してはいけないと説明しましたので、このすべき事はその反対、つまりクレジットカードの支払いが遅れた場合にはすぐにクレジットカード会社へ連絡をするという事です。

クレジットカード会社としては、顧客の支払いが滞る→支払い不能→債務の不良債権化になる事を恐れていますので、万が一顧客が支払いを延滞した場合には、顧客からのいつまでに支払いますと言う確約が欲しいんですよね。

この確約があれば、多少支払いが遅れたとしてもすぐに信用情報に延滞情報を登録するような事にはならない可能性があります。(中には延滞したら即信用情報に登録という会社もあるようですけど)

 

ただ、支払いが延滞したにも関わらず顧客からの連絡が無い場合には、クレジットカード会社としてはいつまで経っても支払いの確約が取れませんので、顧客への督促が始まる事になります。

しかし、督促が始まっても顧客から一向に支払いの意思が確認出来ない場合には督促方法が強化されるとともに段々と顧客への信用が無くなってしまうのです。

ですので、クレジットカードの支払いが遅れた場合には、すみやかにクレジットカード会社へ連絡をして、いつまでに支払いますと伝えて下さいね。この連絡が早ければ早い程、傷が浅くて済む可能性が高くなりますから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ