電話は固定電話の方が有利です

クレジットカード審査と固定電話や携帯電話の関係について

a1180_009606

クレジットカード審査では、カード申込書に自宅の電話番号や勤務先の電話番号を記入する欄があり、クレジットカード会社ではこの番号を元に本人確認在籍確認を行います。

それは、カード申込者の本に確認や在籍確認を行わないと、仮にカードを発行したとしても今後カード利用代金の支払いに延滞が発生した場合、この債務回収が困難になる可能性があるためです。

つまり、申込者の自宅電話番号や勤務先の電話番号に誤りがあれば、本人確認や在籍確認が出来ないため、クレジットカード審査で落とされる可能性が非常に高くなるのですが。

 

もっとも、カード申込書への自宅及び勤務先電話番号の記入ミスによる本人確認や在籍確認が出来ないのは問題外ですが、これ以外にカード審査で電話番号はどのような影響があるのか?について説明しますね。

普段何気なく申込書に記入する電話番号ですが、申し込むクレジットカードによっては審査結果が異なる可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


固定電話と携帯電話では固定電話が有利になります

まず、クレジットカード審査では、審査基準としてカード利用代金の延滞が発生した際に確実に電話連絡が取れる方という条件がありますので、固定電話や携帯電話を持っていない方はクレジットカード審査で落とされる可能性が非常に高いです。

確かに、カード利用代金の支払いを延滞されて逃げられでもしたら、カード会社にとっては損失を出してしまう事になりますので、これは絶対に避けなければなりませんから。

ただ、こちらの柔軟審査のクレジットカードの中には、過去に携帯電話でも審査に通った事例がありますので、固定電話が無いという方でも問題なさそうですね。

 

次に、固定電話では本人名義か否かによってスコアリングが異なってきます。それは、他人よりも本人名義の方がその信用性が高くなるからです。

※スコアリングクレジットカード審査におけるスコアリングとは一体なに?

 

それはそうですよね?他人名義の固定電話を使っているよりも、本人名義の固定電話を使っている方が、客観的に見ても信用性が高くなりますから。

つまり、固定電話でもレンタル電話や寮に設置してある電話の場合は、本人名義ではないため、本人名義の固定電話よりもスコアリングは低くなります。

 

そして、固定電話(本人名義)の場合は、NTTの電話帳検索や104番号案内によって本人名義の裏づけが取れるため、電話番号だけでは本人名義の裏づけを取ることが出来ない携帯電話よりもスコアリングが高くなります。

まあ、携帯電話の場合は、特に自宅にいなくても電話に出ることが可能なので、確実に申込書に記載されている住所に住んでいるかどうかが判断出来ないため、固定電話よりもスコアリングが低くなるのは致し方ありません。

かと言っても、近年では携帯電話が普及しているため、各カード会社においては携帯電話番号だけでも柔軟に審査するようにはなってきています。

※系統別カード会社系統別クレジットカード会社の審査状況はどんな感じですか?

 

ちなみに、審査が厳しい系統で有名(?)な銀行系クレジットカードでは、固定電話以外は却下というカードもあるので、申し込みの際には注意が必要です。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ