とある属性が原因で延滞が発覚する可能性があります

過去の金融事故情報が発覚する場合について

a0003_001911

過去に金融関係で延滞や債務整理などの事故を起こした事がある方は、どんなに些細な事でも見落としが無いように事前準備をしないとクレジットカード審査に通る事は非常に難しくなります。

ただ、そういった方がクレジットカード審査に落ちてばかりいると、どうしたら良いのかが分からずに焦ってしまい、最悪やけっぱちになってどんどんクレジットカード審査に申し込んでしまう傾向が多々あるのです。

ただでさえ信用情報が悪いのにも関わらず、どんどんクレジットカード審査に申し込んでしまっては、いつまで経ってもクレジットカードを持つ事は夢のまた夢になります。

 

ですので、過去に金融事故を起こしている方は、クレジットカード審査の前に必要な事前準備をすべて済ましておく必要があるのです。そこで、今回の記事では、クレジットカード審査において延滞情報が本人だと発覚しやすい属性について説明しますね。

 

スポンサーリンク


信用情報を開示して事故当時の勤務先や勤務先電話番号の確認をして下さい

個人信用情報機関の信用情報には、クレジットカード利用者の氏名や生年月日、住所や電話番号・勤務先などが登録されています。そして、これらの情報は、クレジットカード利用者が延滞や債務整理などの金融事故を起こした場合にも、信用情報に登録されたままになります。

そして、クレジットカード会社がクレジットカード申込者の審査を行う際には個人信用情報機関の信用情報を照会して審査を行いますが、CICの場合には申込者の氏名+生年月日と一致している過去の事故情報があれば、申込者=過去に事故を起こしている可能性があると判断されます。

クレジットカード会社が、クレジットカード申込者が過去に事故を起こしている可能性がある場合には、さらに居住年数や住民票の徴収などを行い、過去の事故情報の人物=今回の申込者なのかを判断します。

 

そして、この際に事故当時の勤務先や勤務先電話番号が登録されていると、ほぼ100%過去に事故を起こしている人物と判断されますので、クレジットカード審査に落ちる事になってしまうのです。

この理由としては、同じ勤務先に同姓同名はまだしも生年月日までもが一緒などという事はほぼありえないからです。

 

ただ、全てのクレジットカード会社で信用情報に全ての勤務先情報を登録しているかと言えば、実はそうでもなくて中には勤務先情報を登録していない会社もあるんですよね。

ですので、過去に金融事故を起こしている方で現在も事故当時と同じ会社に勤務している方は、クレジットカード審査に申し込む前に信用情報の開示請求を行い、事故当時の勤務先情報が登録されているかどうかの確認を行って下さい。

クレジットカード審査に通るためには、相手を知る前にまずは自分を知る事が重要になります。ひょっとしたら自分の信用情報の中に今後のカード審査で重要になる情報が登録されている可能性があるのですから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ