クレジットカード審査では携帯電話が不利になる場合もある

携帯電話と固定電話の違いについて

a0002_010661

クレジットカード審査では、本人確認のための連絡先としてクレジットカード申込書の電話番号欄の記入は必須になっています。

まあ、この電話番号の記入が無い、もしくは電話番号が間違っていたらクレジットカード申込者本人への確認が取れないため、クレジットカード審査に落ちる可能性が非常に高くなってしまいますけど。

それほど、クレジットカード審査において、属性情報の中でも電話番号というのは非常に重要な役割を持っているのですが、この電話番号、最近では固定電話番号のほかに携帯電話番号を記入する方が増えているようです。

 

確かに、最近では固定電話よりも携帯電話の普及の方がはるかに多くなっていますので、各クレジットカード会社でも携帯電話に対応せざるを得ないというのが現状のようです。

ただ、いくら携帯電話の普及が多くなってきたとはいえ、携帯電話は固定電話と違い移動する事が可能なので、本人がその住所に住んでいるのかの確認を取る事が難しいように思えます。

それでは、実際のところクレジットカード審査では、固定電話と携帯電話とでは、どのような影響が出てくるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


携帯電話というだけで審査に落ちる事は無くなってきています

先程も説明しましたが、近年では携帯電話の普及が多くなってきましたので、クレジットカード審査では電話番号が携帯電話のものというだけの理由でクレジットカード審査に落とす事は無くなってきているようです。

まあ、近年の携帯電話状況を考えれば、固定電話を持たずに携帯電話だけ持っているという方が増えてきていますので、電話番号が携帯電話という理由でクレジットカード審査に落としていては、顧客獲得へ深刻な影響が出てしまいますから。

 

ショッピングローンや高額なローンでは審査上不利になります

ただ、いくら携帯電話が普及してきたからと言っても、支払い実績が無く少し高額なショッピングローンやオートローンなどの場合には、携帯電話のみだと審査上不利になっているようです。

というのも、各金融会社では、携帯電話は買い替えなどで簡単に電話番号を変える事が出来ますので、万が一延滞が発生した場合に顧客と連絡が取りづらい事が理由として挙げられるのです。

確かに、携帯電話の場合は固定電話とは違い、ショップで簡単な手続きを経ればいとも簡単に電話番号を変更する事が出来ますので、延滞発生→電話番号の変更→顧客と連絡が取れずなどという事にでもなったら、余計な手間が出きてしまいますから仕方ありませんね。

 

ちなみに、今までの支払い実績がしっかりあるという方の場合には、携帯電話のみでも審査上不利になるという事はないようです。

ですので、現在携帯電話のみで少し高額なショッピングローンやオートローンを利用しようと考えている方は、固定電話を引くか、支払い実績を積み重ねる必要があります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ