家族や親戚と同居しているとマズイです

クレジットカード審査と家族や親戚とのブラックの関係について

a0003_001824

過去にあなたの家族や親戚が、クレジットカードや各種ローンで重度の延滞や債務整理などの事故を起こしており、この事故情報が信用情報に登録されているとあなたの審査に影響するのではないか?と思われるのは当然だと思います。

自分が金融事故を起こしていなくても、身内が金融事故を起こしていたら自分にも影響があるのではないか?と思うことは、別におかしなことではないからです。

まあ、親戚は別としても、自分の家族とは同居している場合がありますので、同居の家族が過去に金融事故を起こしていれば、自宅住所や自宅電話番号などの属性情報によって、同居の家族がブラック=申込者も今後延滞や債務整理を起こす可能性があると思われるかも知れませんね。

 

それでは、クレジットカード審査において家族や親戚がブラックの場合、その事実がカード審査の申込者でもあるあなたに影響する事があるのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


自分の親戚がブラックの場合には?

これについては、自分の親戚がブラックでも、親戚=自分の家族ではないため、審査には影響しません。逆に言えば、クレジットカード審査で親戚の信用情報まで範囲を広げてしまうと、本来審査に通るものも通らなくなってしまう可能性が高くなってしまいますよね?

 

自分の家族がブラックの場合には?

クレジットカード審査では、まず申込者の属性情報を元に個人信用情報機関に登録されている信用情報を調査します。

属性情報を元にしているので、当然申込者の住所や生年月日、勤務先などの情報を照会するのですが、この時に申込者の住所と同じところ(つまり同居している)にいる家族が過去にクレジットカードや各種ローンを使っていた場合、類似情報として家族の信用情報が出てきます。

 

つまり、申込者と同居している家族の誰かが、過去に重度の延滞や債務整理などの事故を起こしていた場合、クレジットカード審査の際にその事実が分かってしまうのです。

逆に言えば、申込者と同居していない家族の信用情報は類似情報として出てきませんので、同居していない家族がブラックでも審査に影響はありません。

 

なぜ同居の家族がブラックだと審査に影響するのか?

申込者と同居している家族(主に配偶者)がブラックの場合、その家族はクレジットカード審査で落とされる可能性が非常に高くなります。

ですので、申込者がクレジットカードに申し込んだ場合、基本的にクレジットカード会社では、実際には申込者ではなくその家族がクレジットカードを使うのではないか?と考えます。

これは、たとえ申込者にそういった事実(配偶者が使うため)がなくても、クレジットカード会社にはそう見られてしまうのです。

 

クレジットカード審査では、申込者がクレジットカードの利用代金をきちんと返済出来るのかどうかが非常に重要になるため、過去に重度の延滞や債務整理を起こしている家族がいれば、審査に慎重にならざるを得ないのです。

ですので、同居の家族がブラックの場合には、クレジットカード審査に落ちる可能性があるということになります。

ちなみに、少なからずと書いたのは、各クレジットカード会社によって審査基準が異なるため、同居の家族がブラックでもさほど審査に影響がない場合もあるからです。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ