携帯電話の分割払いはきちんと支払いましょう

携帯電話本体の分割払い=通常の分割払いと一緒です

a0001_017648

クレジットカード審査では、住所や氏名、勤務先(属性情報)の他に個人信用情報機関の信用情報に登録されている信用情報に登録されている各種信用情報の内容を総合的に判断して、カード発行の可否を判断しています。

そして、この信用情報の中には携帯電話本体の分割支払い情報も登録されていますので、この支払いは毎月きちんと行う必要があります。

ですので、携帯電話本体の支払いも含めて属性情報や信用情報にクレジットカード会社から見て少しでも不安な材料があれば、審査に落ちる可能性が高くなってしまうのです。

 

まあ、クレジットカード審査の詳細=クレジットカード会社が欲しいと思っている顧客層については、クレジットカード会社の審査部の方以外(上層部含)は知りませんので、審査に100%通る事はほぼ不可能になります。

ただ、私はこれまで数多くのクレジットカード審査に申し込んでおり、その中から審査で有利・不利になるような点をいくつか発見してきました。その中で、これは私達の身近で十分起こりうる問題について、今回の記事で説明させていただきますね。

 

スポンサーリンク


携帯電話本体の分割支払いは信用情報に登録されます

私達が、普段何気無く使っている携帯電話ですが、この本体代金を一括で支払っている方はあまり多くないのではないでしょうか?というのも、昔と違って最近の携帯電話の本体は、その機能性がかなり向上しており、それに伴って携帯電話の本体価格が上昇しているからです。

中には、携帯電話の本体価格だけでも10万円以上するものが有りますので、この代金を一括で支払うとなると、その人数は限定されてくると思うんですよね。

 

ですので、現在の各携帯キャリアメーカーでは、携帯電話本体の代金を分割払いで行えるようにして、毎月の携帯電話の利用料金と合算して支払えるようにしています。

ただ、携帯電話本体の代金を携帯電話の利用料金と一緒に支払えるという事が、時としてクレジットカード審査に悪影響を与える結果になる事があるんですよね。

 

各携帯キャリアは個人信用情報機関に登録しています

昔の事は覚えていないので分からないのですが、現在では各携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が個人信用情報機関(主にCIC)に加盟しています。CICに加盟しているという事は、自社顧客の利用状況や延滞情報を個人信用情報機関の信用情報に登録する事が可能になっているのです。

これは、毎月の携帯電話利用料金を延滞してしまうと、その延滞情報が信用情報に登録される事を意味しているんですね。

ただ、ここで1つ注意して欲しい事があるのですが、携帯電話の利用料金自体は割賦契約になりませんので、信用情報の対象外になります。しかし、携帯電話の本体代金は、携帯キャリアとあなたとの間で割賦契約が成立しますので、その支払い状況は信用情報に登録される事になるのです。

 

つまり、携帯電話の利用料金を延滞=分割で支払っている携帯電話の本体代金も延滞した事になりますので、結果この延滞情報は信用情報に登録される事になるんですね。信用情報に延滞情報が登録されていれば、クレジットカード審査で不利になる可能性が高いですから。

基本的に、携帯電話の利用料金は延滞しても携帯電話の本体代金は支払うという、都合の良い話はありませんので、携帯電話の利用料金と携帯電話本体の分割支払いを一緒に行っている方は注意が必要になりますよ。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ