クレジットカード審査での居住形態や居住年数の違いについて

クレジットカード審査と居住形態や居住年数について

a1180_012299

クレジットカード審査やローン審査の際に記入する申込書には、本人確認(本人特定)や本人情報(属性情報)を申告するための氏名生年月日、住所や電話番号その他の記入欄がありますよね?

この中で、氏名や生年月日は本人を特定するためには必要不可欠の情報で、氏名(姓の部分)は結婚や養子縁組などで変更する事が可能ですが、生年月日だけは生まれてから亡くなるまで変更するのは不可能です。

ですので、大抵の場合には姓と生年月日で個人信用情報機関に登録されている信用情報の確認が取れる事になります。

 

これとは別に、クレジットカード審査で申込者に与信枠を与えるか否かの重要な判断材料になる勤務先や勤続年数、居住形態や居住年数などの属性情報があります。

勤務先や勤続年数については、また後日記事にするとして、今回は属性情報の中で居住形態や居住年数はクレジットカード審査にどのような影響を与えるのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


居住形態は自己所有が有利です

居住形態というと、一戸建てやマンションの自己所有や家族所有、賃貸マンションや賃貸アパートなどがあります。ただ、これは誰が見ても自己所有が有利だという事が分かっているのではないでしょうか?

というのも、賃貸よりも自己所有の方が自分名義で家を持っている事になりますので、クレジットカード会社からはそれだけ資金に余裕があると見られるためです。まあ、家を購入するという事は、新築にしろ中古にしろそれなりにお金が掛かりますから。

 

つまり、クレジットカード審査で有利になる居住形態の順番は、自己所有の一戸建て・マンション→家族所有の一戸建て・マンション→賃貸マンション→アパート→間借りや下宿の順になり、この順番からも分かるように、間借りや下宿の場合はクレジットカード審査では不利になります。

ちなみに、賃貸でもアパートよりもマンションの方が有利になる理由ですが、これは一般的にアパートよりもマンションの方が家賃が高く、それだけ支払い能力があると評価されるためです。

ただ、こちらのクレジットカードであれば過去にアパートでも可決実績がありますので、居住形態がアパートでもあまり気にする必要はないかと思いますよ。

 

居住年数は場合によります

クレジットカード審査における居住年数についてですが、これは 1年以上が目安になります。ですので、賃貸マンションや賃貸アパートで居住年数が1年以下の場合には、クレジットカード審査で不利になる可能性が高いです。

ただ、自己所有や家族所有の住居の場合は、居住年数が1~2ヶ月でもクレジットカード審査では問題無い事が多いです。この理由としては、中古で住居を購入したのならともかく、新築で住居を購入した場合には居住年数が1~2ヶ月というのも十分ありうるからです。

 

また、自己所有や家族所有の住居では、賃貸マンションや賃貸アパートなどと比べ簡単に引っ越す事が難しいため、この点においても審査上有利になります。

クレジットカード審査では、万が一顧客がクレジットカードの利用代金を延滞した場合には、住民票の除票などで追跡調査を行う必要が出てきますので、審査の段階で定住性を判断材料にしているからです。

 

基本的に居住年数の裏づけは取りません

クレジットカード審査では、審査の段階では居住年数の裏づけは取りません。ですので、極端な話実際の居住年数が1ヶ月で申込書に1年と記入しても、クレジットカード会社ではそれが正確なのかが分かりません。

ただ、申込書に居住年数1年と記入した場合、過去1年以内に旧住所でクレジットカードやローンの申込や利用履歴があるとこれが信用情報に登録されていますので、すぐに居住年数の虚偽申告が発覚してしまう事になります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ