運転免許証記載の住所に注目しないと大変な目に

運転免許証には住所が記載されています

a1180_016739

ショッピングローンやクレジットカード審査の際には、本人確認のための身分証明書として運転免許証の提出をされる方が多いかと思います。

まあ、各種ローンやカード審査においては身分証明書の中でも運転免許証は一番信頼性が高く、18歳以上の方の多くが運転免許証を持っていますので、身分証明書=運転免許証のイメージが強いのかも知れません。

さらに言うと、運転免許証には固有の番号があり、この番号が過去の審査の際に個人信用情報機関の信用情報に登録されていますので、過去に金融商品を利用した事がある方の場合、運転免許証番号の一致ですぐに本人だと分かってしまうのです。

※運転免許証番号クレジットカード審査では運転免許証番号に注意して下さい

 

そして、運転免許証と言えば、運転免許証の更新から住所が変わった時には最寄の警察署または免許センターで住所の変更届を出して、運転免許証の裏面に新住所が記載される事になります。つまり、免許証の表面には過去の住所が、裏面には現在の住所が記載される事になります。

ただ、各種ローンやカード審査では、運転免許証の裏面に新住所が記載されていると、後々思わぬ事態を招く場合があるのです。

 

スポンサーリンク


申込書上の住所と運転免許証表面の住所が違う場合には・・・

ショッピングローンやクレジットカード審査では、クレジットカード申込書上の住所と運転免許証の表面の住所が違う場合には、運転免許証表面に記載されている住所で再照合を掛ける事があります。

そして、変更前の住所で延滞歴があると、この時点でクレジットカード会社やローン会社に延滞が発覚してしまうのです。

さらに言えば、各金融会社によっては、ショッピングローンやクレジットカード申込書に記入した新住所や電話番号、勤務先などの属性情報を過去の属性情報に上書きする会社もあるため、上書きされた場合にはせっかくの住所変更が水の泡になってしまう可能性があるのです。

 

ですので、過去の住所で延滞履歴があり、運転免許証の裏面に新住所が記載されている方は、身分証明書に運転免許証ではなく健康保険証やパスポートなど他の身分証明書を提出した方が良いです。

過去に延滞を起こした方が、ショッピングローンやクレジットカード審査に通るためには、事前準備や申込の際に細心の注意を払う必要があります。一に準備、二に準備ではありませんが、審査前には出来る限りの対策を行ってから審査に申し込んで下さいね。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ