マイナンバーも固有の番号から出来ているので注意

クレジットカード審査とマイナンバーについて

a0008_001807

いよいよ来年1月より、国民総背番号制のマイナンバー制度がスタートしますね。

※マイナンバー制度とは、国民1人1人に12桁からなる固有の番号を与えて税金や社会保険などの個人情報を管理し、行政の利便性や効率化を図るためのもの

国民を固有の番号で管理する=政府による国民の情報統制と呼ばれているため、政府から監視されるのではないか?または個人情報の流出などの懸念も出ていますが、国会を通過したからには私たち国民はそれに従うしかありません。

何と言っても、国会議員を選んだのは私たち国民なのですから。

 

と、話が少し逸れてしまいましたが、このマイナンバー、基本的には住所地の市区町村からマイナンバーが書かれた封書が送られてくるようですが、希望者にはマイナンバーと顔写真が掲載されたマイナンバーカードなるものが発行されるようです。

そこで、このマイナンバーカードですが、顔写真やマイナンバーが掲載されている事からも分かるように、公的な身分証明書として使用する事が出来るようになります。具体的には、年金受取やコンビニなどで住民票取得などに使えるようです。

ただ、公的な身分証明書と言えば、運転免許証や健康保険証を思い浮かべますが、これらの身分証明書と同様、今後はマイナンバーカードがクレジットカード審査の本人確認書類として使用出来る可能性があるのです。

 

そこで、今後仮にマイナンバーカードがクレジットカード審査で本人確認書類として使用可能になるという事を前提に、マイナンバーカードを本人確認書類として使う場合の注意点について説明しますね。

 

スポンサーリンク


マイナンバーとは固有の番号です

来年1月から始まるマイナンバー制度ですが、これは12桁からなる固有の番号を国民1人1人に与える=国民の個人情報をマイナンバーで管理する事になります。

そして、この固有の番号というのがミソなのですが、クレジットカード審査において本人確認書類に健康保険証や住民票の写しを提出した場合、前回の審査から住所や勤務先が変わっていれば、基本的に健康保険証や住民票の写しを確認しただけではその事実は分かりません。

 

しかし、以前本人確認書類にマイナンバーカードを使用していた場合、今回も本人確認書類としてマイナンバーカードを使用すれば、固有の12桁の番号によって前回から住所や勤務地が変わっていたとしても同一人物として判断される可能性が高いのです。

それは、運転免許証と同様に、今後マイナンバーが本人確認書類として使用可能になれば、個人信用情報機関の信用情報にマイナンバーが登録される可能性が高いと予測出来るからです。

クレジットカード審査では、審査の際クレジットカード申込者の個人情報を信用情報に照会しますので、ここにマイナンバーが登録されていれば一発で同一人物だと判断されてしまうのです。

 

過去に金融事故を起こしている方は要注意です

過去にクレジットカードや各種ローンで金融事故を起こしている方が、数年の間に居住地や勤務先、さらには姓などの属性情報が変更になったとしても、以前本人確認書類でマイナンバーを使用していたら注意が必要です。(本人確認書類でマイナンバーが使用可能になる事が前提です)

それは、今後のクレジットカード審査で本人確認書類としてマイナンバーを使用すれば、居住地や勤務先、さらには姓の変更など、何の役にも立たないからです。ですので、そういった方は本人確認書類ではマイナンバーは使用しない方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ