審査における年収について説明します

クレジットカード審査と年収との関係について

a1180_001395

クレジットカード審査では、果たして年収はどのくらいあれば良いのか?という事が気になる方が多いと思います。確かに、この不景気で年収が100~200万円台の方は、果たしてこの年収で審査に通ることが出来るのだろうか?と不安になるかも知れません。

逆に、大企業で年収が1,000万円以上という方は、これだけあればまず問題はないだろうと思っているかも知れません。ただ、カード審査では、たとえ年収が100~200万円台でも審査に通ることもあれば、年収1,000万円以上でも審査に落ちることがあるのです。

まあ、カード審査では今後の支払い予測を立てる上で申込者の年収は大きなウエイトを占める訳なので、単純に年収が多い方が審査で有利になると思いきや、実際には他のファクターにもよりますが、年収が低くても審査に通る事は良くある話なんですよね。

 

それでは、カード審査において、年収はどのくらいあれば良いのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査に必要な年収とは?

これについては、業界全体でのクレジットカード審査における明確な基準はありません。というのも、クレジットカードの審査基準を教えてくださいでも説明しましたが、各クレジットカード会社によって審査基準が異なるからです。

それは、私が当時年収200万円以下でもクレジットカード審査に通ったことや、知人が年収400万円以上でも審査に落ちたことでも明らかです。

このカード審査で重要なのは、年収だけにフォーカスを当てるのではなく、属性情報全般でバランスが取れているか否か?になるのです。

 

例えば、年収200万円以下でカード審査に通った私の場合ですが、独身で過去のカード利用代金の支払い延滞なし=クレジットヒストリーが良好、また勤務年数3年程度、居住年数も3年程度の属性情報でした。

これが、既婚で子供あり、クレジットヒストリーなし、勤務年数や居住年数が1年以下だったらおそらくクレジットカード審査で落とされていたことでしょう。

 

それは、年収200万円以下で既婚、子供がいるのであれば、与信枠を与えた場合に果たして今後カード利用代金を滞りなく支払うことが出来るのだろうか?と疑問に思うからです。既婚で子供までいるのであれば、今後生活費にお金が掛かってくる事は分かりきっていますからね。

それに、過去の支払い履歴=クレジットヒストリーがなく、勤務年数や居住年数が1年未満ではスコアリングが低くなりますので、ほぼアウトですね。

 

さらに言うと、この状況で他社借り入れが数件、数十万円あれば間違いなく審査で落とされます。年収200万以下で既婚、子供ありで他社借り入れ数十万円って・・・かなり生活が困窮している事は誰が見ても明らかですよね?

そんな方に、カード会社はカードを発行しようとは思わないです。カード会社では、申込者に与信枠を与えた場合、今後延滞なく支払ってくれるか?が重要になるのですから。

ですので、クレジットカード審査での年収は、あまり深く考えすぎない方が良いです。常識の範囲内であれば問題ありませんので。

 

ちなみに、こちらの他社と比べて取得難易度が低いクレジットカードの中には、過去に低年収の方でも審査可決実績があるカードがありますので、年収に不安のある方は1度試してみても良いかも知れませんね。

クレジットカード審査に100%はありませんので必ず審査に通るとは言えませんが、審査は実際にやってみないと分からない部分がありますから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ