税込み年収で問題ありません

クレジットカード審査での年収の書き方について

a0002_003051

クレジットカード審査では、カード申込書に自分の属性情報を記入しますが、その中に年収という項目が必ず含まれています。まあ、申込者の年収が分からないと申込者の現在の収入が分かりませんから。

また、クレジットカード会社では、申込者が今後カード利用代金を支払ってくれる可能性があるのかどうか?を重要視していますので、現在の申込者の収入がどれくらいあるのか?はかなり重要になってくるのです。

 

ただ、一言で年収と言っても、税金込みの給料総額を記入すれば良いのか?はたまた税引き後の手取り総額を記入すれば良いのか?さらに言えばボーナスも含めるのか?などいろいろなパターンが浮かんでくる方がいるようですね。

ちなみに、こちらのクレジットカードの中には過去に年収100万円程度のパート主婦でも審査に通った実績がありますので、それほど神経質になる事項ではないような気もしますけど。

それでは、クレジットカード審査での年収は、税込み年収と税抜き年収のどちらの数字を記入すれば良いのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


審査では税込年収で問題ありません

クレジットカード審査では、手取り年収ではなく各種手当ても含めた税込み年収で問題ありません。もちろん、ボーナスがあればボーナスも含めた税込み年収になります。

そもそも、これはカード審査に限ったことではなく、住宅ローンも含めて収入を証明する際、一般的には源泉徴収票の提出を求められます。

そして、金融会社では、源泉徴収票に記載されている総支給額を見て年収を判断しますので、申込書の年収欄には税込み年収を記入しても問題がないのです。

 

さらに言えば、カード審査では住宅ローンと違って、源泉徴収票の提出を求められることがほとんどありませんので、カード会社側では申込者の正確な年収を調べることが出来ないのです。

かといって、年齢20歳そこそこの方が年収1,000万円や2,000万円とか、実際の年収よりもかけ離れていると思われたら源泉徴収票の提出を求められる可能性があります。

その後、申込書の年収と源泉徴収票の総支給額に大きな開きがあれば、誠実性に欠ける申込者とみなされて、審査で落とされる可能性が非常に高くなります。

 

ですので、いくらカード会社側で年収を調べることが出来なからと言っても、実際の年収を記入するようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ