年収に嘘はいけませんが・・・

クレジットカード審査の年収には許容範囲があります

a1640_000326

クレジットカードの審査で年収は手取りを記入するのでしょうか?では、クレジットカード審査において年収は源泉徴収票における総支給額を記入しましょうと説明しました。

まあ、税金を支払うのは日本国民としては当然の義務であり、自分が働いたすべての対価として得た収入=年収から税金を支払う訳なので、カード審査の年収欄に総支給額を記入する事は、特に問題はありません。

それに、クレジットカード審査ではよほどのことがない限り、実際の年収を調査する事はありませんので、源泉徴収票などを確認して年収額が多くなる総支給額を記入したほうが良いのです。

 

ただ、いくらクレジットカード会社が年収の調査をしないからと言って、カード申込書にデタラメな年収を記入するのは良くありません。それは、カード会社側で申込者の属性情報を元にある程度の年収予測を立てる事が可能だからです。

ですので、カード申込書にはデタラメな年収を記載してはいけませんが、それでも年収の許容範囲というものがあるんですよね。

 

スポンサーリンク


そもそも現在の年代別平均年収はどのような感じでしょうか?

一般的に、日本国民の年収は20代で349万円、30代で458万円、40代で598万円、50代では756万円 となっています。

※転職サイトDODA調べ(2013年版)

これはもちろん、手取りではなく税込み年収ですが、20代で349万円って私が若い頃よりも随分上がりましたね~まあ、それは置いておいて、年齢が上がるにつれて年収も上がるのは、今も昔も変わりありませんね。

 

ただ、実際にはこれらの年収は大企業のものが多く、中小企業ではもう少し少ないことが想像出来ます。

中小企業では、まだアベノミクス効果は実感出来ていないという方が多いのですから。特に大都市よりも地方都市のほうがその傾向は顕著に表れています。

 

年収には実際の総支給額を記入するべきです

先ほどの年代別平均年収では、20代で349万円と説明しました。そして、これは私の金融師匠から聞いた話ですが、クレジットカード会社ではおおよその平均年収を把握しているそうです。

確かに、年収の基準がないとカード審査をする方によって偏りが出てしまいますから。という事は、申込者の年収が平均年収近辺であれば、年収に関しての問題はないのです。

 

しかし、申込者の年収が平均年収と大きく乖離している場合には、カード会社からは不審に思われてしまいます。特に、申込者の年収が平均年収よりもかなり多い場合には、カード会社では慎重に審査することになるのです。

それは、申込書に記載された年収よりも実際の年収が大幅に少なければ、仮にカードを発行したとしても今後のカード利用代金の支払いに影響が出る可能性があるからです。

 

ですので、申込書の年収欄には、嘘は書かずに実際の年収を記入するようにしてくださいね。これは、平均年収よりも大幅に多い場合も同様です。

この時、カード会社から源泉徴収票の提出を求められる可能性もありますが、申込書に記入した年収と源泉徴収票の総支給額に大きな乖離がなければ問題ありません。

ちなみに、年収が低いパート・アルバイトの方でも過去に審査可決実績のある難易度が低いクレジットカードであれば、それほど年収に対して神経質になる必要はありませんよ。

 

多少の乖離は切り上げでも問題ありません

仮に実際の年収が320万円だった場合に、申込書の年収欄に350万円と記入しても、この程度の誤差は問題はありません。逆に、実際の年収よりも少なく記入する方は、ほとんどいないと思いますが。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ