同居か別居かによって対処方法が異なります

クレジットカード審査と家族の状況について

a0002_007135

クレジットカード審査では、申込者の家族に信用情報がブラックの方がいると、申込者が審査で落とされる可能性が高くなります。これは、クレジットカード審査で申込者の住所や電話番号などの属性情報を入力した際に、類似情報として家族の情報が出てくるからです。

※クレジットカード審査で家族がブラッククレジットカード審査で家族や親戚がブラックだとどうなりますか?

 

特に、親がブラックの場合には、申込者が未成年や成人していても学生の場合には、クレジットカード審査で落とされる可能性が非常に高くなりますので対策が必要になります。

それは、未成年者の場合は親権者として親の同意が必要になるため、クレジットカード申込の際には原則親の氏名や連絡先などの情報が必要になりますので、親がブラックだとほぼ間違いなくクレジットカード審査で落ちるからです。

そこで、今回の記事では、申込者が未成年もしくは成人していても学生で親がブラックの場合の対策について説明しますね。

 

スポンサーリンク


申込者と親が同居している場合には

電話番号が同一の場合には、クレジットカード会社で親の過去の利用履歴が分かりますので、そこのクレジットカード会社で親の延滞履歴がひどい場合には、クレジットカード審査で落ちる可能性が非常に高くなります。

ですので、こういった状況では最低でも実家の電話番号を変更しておく、過去に親が延滞していたクレジットカード会社は避ける事などが必要になります。

 

申込者と親が別居している場合には

この場合、クレジットカード会社では申込者の氏名で実家の住所や電話番号を照合する事になりますが、クレジットカード会社では電話番号が一致すれば家族のデータが類似情報として出てきますので、親が過去に延滞しているクレジットカード会社では審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

ですので、この場合にも親と同居している場合と同様に実家の電話番号を変更過しておく、さらに過去に親が延滞していたクレジットカード会社は避ける事などが必要になります。

 

しかし、親と同居・別居に関わらず、どうしてもクレジットカードが欲しいという訳ではない場合には、電話番号の変更にはお金が掛かりますので、成人するまで待つという選択肢もありかと思います。

それは、成人して親と別生計になればクレジットカード審査に通る事が十分可能になるからです。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ