プロバイダ会社は個人信用情報機関に加盟していません

クレジットカード審査とプロバイダ料金の延滞について

a1640_000256

近年のインターネット普及に伴い、さまざまなプロバイダがインターネット接続会社として進出してきました。まあ、通常はこのプロバイダと契約しないとインターネットに接続する事が出来ませんけど。

ただ、最近はプロバイダ同士の顧客の奪い合い(?)が激しいのでしょうか?しきりにプロバイダ乗り換えキャンペーンと称してセールス電話が掛かってきますよね?

今、当社に乗り換えれば、毎月○○円安くなりますよ!みたいな感じで電話が掛かってきますが、大体どこで私の自宅電話番号を知ったのでしょうか?って、最近問題になった顧客名簿の売買が、電話帳で地域を絞って片っ端から電話を掛けまくっているからでしょうけど。

 

と、少し本題から話が逸れてしまいましたが、プロバイダを使うには毎月利用料金が掛かります。そして、毎月利用料金が掛かるという事は、毎月の支払いが発生する事になりますが、このプロバイダ利用料金を延滞した場合にはクレジットカード審査への影響が出るのでしょうか?

 

スポンサーリンク


プロバイダ料金は収納代行が行う場合が多いです

通常、プロバイダ料金の回収はプロバイダとは別の機関=収納代行と呼ばれている金融会社が行う場合が多くなっています。例えば、OCNであればNTTファイナンスが、So-netであればソニーファイナンスが、ニフティであればオリエントコーポレーションなどが収納代行を行っています。

これだけを見れば、NTTファイナンスやソニーファイナンス、さらにはオリエントコーポレーションもバリバリ(?)の金融会社であり、個人信用情報機関にも登録していますので、プロバイダ料金を延滞した場合には信用情報に登録されてしまいそうですよね?

しかし、これら収納代行では原則として顧客のプロバイダ利用代金の延滞が発生した場合には、委託元(OCNやSo-net、ニフティなど)に○○さんの口座引き落しが出来ませんでしたと通知するのみになります。

 

そう、あくまで収納代行は顧客からの集金業務を行うのみなので、例えプロバイダ利用料金の延滞があったとしてもその事を信用情報に登録する事はありません。あくまで代行なので、顧客管理はプロバイダが行っているのです。

その後、通知を受けたプロバイダが顧客の会員資格の停止や会員資格の剥奪などを決定する流れになります。

ただ、これらプロバイダは個人信用情報機関に加盟していませんので、プロバイダ利用料金の延滞があったとしても信用情報には登録される事はありません。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ