比較的簡単に姓の変更が出来る場合とは

比較的簡単に出来る姓の変更について

a0790_000066

クレジットカード審査の世界では、金融ブラックの方が姓を変えれば簡単に審査に通るという都市伝説が存在しています。まあ、この方法は昔であれば有効な手段だったのですが、近年では各個人信用情報機関の統廃合や交流の活発化によってあまり有効ではなくなってきています。

ただ、カード審査において姓の変更はあまり有効ではないからと言っても、その可能性は全くゼロという訳でもないんですけどね。その方法は、下記の参考記事の中にヒントが隠されていますので、記事を良く読んでいただければと思います。

※姓を変えればクレジットカードが作れる?養子縁組してクレジットカードは作れますか?

 

そこで、今回の記事では、主にクレジットカード審査に通らない方が考えていると思われる姓の変更について、条件がありますが比較的簡単に姓の変更が可能になる方法について説明しますね。

 

スポンサーリンク


両親が離婚している場合には比較的簡単に姓を変更できます

この姓の変更ですが、すでに両親が離婚しているという条件つきですが、この場合には他の方法と比べ比較的簡単に姓の変更が可能です。

まあ、両親が離婚しているという事は、その子供は父方母方のどちらかの姓を名乗っていると思いますが、現在名乗っている姓を別姓の父方(母方)の姓に変更する=姓の変更が出来るのです。

 

そこで、この姓の変更手続きの方法ですが、まずは申立人(子供本人)の住所地を管轄している家庭裁判所に行きます。この際に必要な経費は、収入印紙800円と郵便切手代程度になり、また必要な書類は、子供と父親(母親)の戸籍謄本を各1通ずつと申立書になります。(詳細は家庭裁判所に問い合わせてください)

そして、姓の変更許可が出るのは、地域によって多少異なりますが、およそ1日程度で出るようです。

その後、許可が出たら父親(母親)の住所地を管轄している市区町村役場に行って、入籍届を提出すれば、晴れて父親(母親)の姓を名乗る事が出来ます。

 

事前に必ず父親(母親)に相談する事が重要です

まあ、これは当たり前ですが、姓の変更をする前に必ず父親(母親)に姓の変更の相談をしてください。事前に相談せずに勝手に事を進めてしまうと、後でトラブルになる可能性がありますから。

その際には、少し事情があって父親(母親)の姓に変更したい、別に一緒に住まなくても大丈夫だからなどと相談してみてください。

間違っても、金融ブラックになっているから姓を変更したいなどとは言わないほうが良いです。なぜなら、現在金融ブラックになっているのなら、姓を変えてもまた金融ブラックになる可能性が高いと思われる可能性があるからです。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ