生年月日の虚偽申告は無駄に終わる可能性が高い

クレジットカード審査と生年月日の虚偽申告について

a1640_000300

クレジットカード審査で氏名の虚偽申告は可能でしょうか?では、氏名の虚偽申告をしてもあまり意味がないと説明しました。もっとも、氏名の虚偽申告などという事は、カード審査以前の問題になると思いますけど。

ただ、クレジットカード申込書に記入する属性情報の中には、氏名のほかに住所や生年月日、電話番号など、カード審査に通らない方にとっては複数の虚偽申告可能(?)なものがありますよね?

まあ、信用情報がブラックの方は、何が何でもクレジットカード審査に通りたいあまりに、あの手この手を使ってクレジットカード審査に申し込む訳なので、いけないとは分かっていてもつい虚偽申告をしてしまう方がいるのです。

 

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査において生年月日の虚偽申告はどうなのか?について説明しますね。カード審査における生年月日はかなり重要な属性情報ですが、果たして虚偽申告は可能なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


はっきり言って生年月日の虚偽申告は無駄です

個人信用情報機関のCICから出力される信用情報のデータの中には、電話番号識別というものがあります。

この電話番号識別というものですが、これはCICのデータに過去にクレジットカードや各種ローンの申し込みに使用された電話番号と申込者の氏名や生年月日が登録されており、登録されている電話番号で申込があった場合にそのデータが出てきます。

 

このとき、生年月日を虚偽申告していたとしても同じ電話番号で申し込みがあれば、同一氏名・同一電話番号・生年月日の相違となってしまいますよね?

普通に考えれば、同一氏名・同一電話番号で生年月日が違うなどとは考えられませんので、過去にこれらの氏名や電話番号で延滞があった場合にはすぐにバレてしまうのです。

 

このように、過去に金融事故を起こした方がいくら生年月日の虚偽申告をしても、他の属性情報が合致していればクレジットカード会社ではいとも簡単に本人と特定する事が出来ますので、安易な虚偽申告はしない方が良いです。

さらに言うと、悪質な虚偽申告はクレジットカード会社から要注意人物として情報登録(ブラック)される可能性もありますので、注意が必要です。

クレジットカード会社から要注意人物として登録されてしまうと、そのクレジットカード会社が発行しているクレジットカード審査に通る可能性はかなり低くなってしまいますから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ