氏名の虚偽申告をしてもダメです

クレジットカード審査と氏名の虚偽申告について

a1640_000324

過去に金融商品で延滞や債務整理などの金融事故を起こしており信用情報がブラックの方の中には、クレジットカード申込書の氏名や住所・電話番号などをブラックの本人とは特定出来ないように虚偽申告する方もいるようです。

カード審査で困っている方は、氏名や住所、電話番号などはカード審査においてはかなり重要な属性情報になりますので、ここをうまく切り抜ける事が出来れば審査に通る可能性が一気に高まるのでは無いのか?と考えているのかも知れませんね。

まあ、ブラックの方でも過去の金融事故の事は反省して、今後はカード利用代金をきちんと支払うので何とかしてクレジットカード審査に通りたいという気持ちは分からなくはないですね。

 

それでは、クレジットカード審査において、氏名の虚偽申告をしても大丈夫なのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


氏名の字体を変更してみる

例えば、雅人(まさと)が本名の場合にクレジットカード申込書に正人などと記載して虚偽の申告をしたとします。しかし、クレジットカード会社には過去の顧客データはカタカナで登録されています。

つまり、氏名の字体を変更しても読み名が同じであれば、簡単にクレジットカード会社にバレてしまうのです。

最近では、本人特定のため漢字氏名の補完入力も増えてきていますが、まずは氏名の読みからデータを引っ張ってきますので、氏名の字体変更はほとんど役に立ちません。

 

氏名の読み方を変更してみる

氏名の読み方を変更してクレジットカードに申し込む方がいますが、氏名の読み方とともに住所や電話番号も変更されていないと、読み方を変更した意味がなくなってしまいます。

氏名の読み方が異なっていても電話番号や生年月日が一致していれば、クレジットカード会社では怪しい人物として慎重に審査を行う事になります。

その後、住民票の提出を求められてしまえば、虚偽申告が一発でバレてしまいます。

 

クレジットカード会社の独自データでは、同一住所や同一電話番号、さらに同一生年月日で過去の延滞情報が出てきますので、クレジットカード申込者がこの延滞情報と同一情報があれば、怪しい人物として見られてしまいます。

その結果として、クレジットカード審査で落ちる可能性が十分あるのです。

 

ですので、クレジットカード審査の際には、安易に氏名の変更はしない方が良いです。クレジットカード審査は、そんな小手先だけの手法を使って通れるほど甘くはないのですから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ