クレジットカード審査では信用力が重要になります

クレジットカード審査では信用力が調査されます

a0008_001880

クレジットカードを持つためには、当然ですが最初にして最大の難関でもある各クレジットカード会社が行う審査に通過する必要があります。

そして、このカード審査では申込者(あなた)の属性情報や信用情報が調査されて、カード会社から自社クレジットカードを発行しても大丈夫だと判断されると晴れてクレジットカードが発行される事になります。

逆に言えば、あなたの属性情報や信用情報に何らかの問題点が見つかってしまうと、残念ですがカードの発行は見送られる(審査に落ちる)事になってしまうのです。

 

もっとも、クレジットカード会社も自社の利益を上げなければ経営が行き詰ってしまいますので、自社の損失に繋がりそうな申込者は審査の段階で落としてしまわなければ、その後の自社経営に悪影響を及ぼしてしまうため、これは仕方ありません。

そこで、このクレジットカード審査ですが、審査に通るために一番重要な事があります。それはカード会社とあなたとの信用関係になるのですが、何故お互いの信用関係が重要になるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットカードは信用取引です

私たちが普段よく使っているクレジットカードですが、これは買い物や各種サービスを受ける際に、あらかじめ現金を用意していなくてもクレジットカードを使う事によってツケ払いが可能になります。

ツケ払い=商品先渡しで支払いは後日になりますので、カードを使った店舗(商品購入代金は後日カード会社より入金されます)では利益が上がり、商品や各種サービスを購入した顧客ではその場で現金を支払わなくて済む事になりますよね?

 

もっとも、顧客は後日クレジットカード会社へ商品または各種サービスの購入代金を支払う義務がありますので、支払日までには商品購入代金を用意する必要がありますけど。

それはともかく、顧客が商品や各種サービスを購入した時点では、商品や各種サービスを販売した店舗やクレジットカード会社にお金が入金される事はありません。

お金が入金されないのですから、店舗やカード会社では顧客(店舗の場合はカード会社)から入金されるまでの間、うまく資金繰りを行う必要があるんですね。まあ、カード会社ではその必要は無いと思いますけど。

 

クレジットカード会社にもリスクがあります

そして、カード会社から各店舗へ商品や各種サービスの販売代金からカード利用手数料を引いた金額が入金されますが、カード利用代金の締日によっては顧客からカード会社への入金が無い可能性もあります。

その後、顧客からカード会社へきちんと支払いが行われれば良いのですが、中には支払いが滞ってしまう、または支払いが行われない顧客がいるのも事実なのです。

顧客からの入金が無い場合には、カード会社ではその分が損失になってしまうため、何としてもそういう事態を事前に防ぐ必要があるんですよね。

 

そのために、クレジットカード会社ではカード発行前に申込者の属性情報や信用情報をくまなく調査して、自社顧客としてふさわしいのか否か?を判断し、ふさわしいと判断されれば申込者へカードの利用限度枠(信用枠)を供与するのです。

※関連記事途上与信や法定途上与信について説明します

つまり、クレジットカード会社と顧客との間には、信用関係が成り立たないとクレジットカードが発行されない(カード審査に落ちる)事になりますので、カード審査に申し込む際には自分の属性や信用情報に問題が無いかを確認してから申し込むようにしていただければと思います。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ