クレジットカード審査では運転免許証番号に注意して下さい

クレジットカード審査と運転免許証番号の関係について

a1180_013235

クレジットカード審査で提出可能な身分証明書には、免許証や健康保険証、パスポートなど複数ありますが、中でも自動車運転免許証(コピー)を提出する方が非常に多いのではないでしょうか?

もっとも、クレジットカード会社から見れば、自動車運転免許証には住所・氏名・生年月日など本人を特定するために必要な情報が顔写真入で記載されているため、数ある身分証明書の中では一番信頼性の高いものとなっています。

 

ただ、クレジットカード審査においていくら運転免許証の信頼性が高いからと言っても、実際に身分証明書としての運転免許証がどのように利用されているのかは、なかなか分からない事ではないでしょうか?

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査で運転免許証がどのように利用されているのかについて説明しますね。この運転免許証には、いったん取得したら免許証が失効しな限りは変わらない項目がありますので、過去に金融事故を起こしている方は注意が必要になりますよ。

 

スポンサーリンク


運転免許証番号の基本知識はこちら

自動車運転免許証の下部には、12桁からなる固有の番号がありますよね?ただ、この運転免許証番号の中身について分かる方はあまりいないと思いますので、下記で説明します。

例:123456789012

■最初の2桁(12)は最初に免許を取得した都道府県コード
■次の2桁(34)は免許を取得した年度(2014年取得の場合は14)
■次の6桁(567890)は本人の番号
■次の1桁(1)は読み取り誤りをチェックするための番号
■最後の1桁(2)は紛失再発行番号

 

ちなみに、各クレジットカード会社には、運転免許証の有効性を確認するためのシステムがありますので、運転免許証番号をデタラメに記入したとしても一発でバレてしまします。

さらに、大手のクレジットカード会社では、独自に収集した運転免許証番号を顧客データとして自社データベースに登録しています。

つまり、こういったクレジットカード会社で過去に金融事故を起こしている場合には、いくら氏名や住所・電話番号が変わっていたとしても身分証明書に運転免許証を提出してしまうと、過去の事故履歴がすぐに分かってしまうのです。

 

さらには、個人信用情報機関の信用情報にも運転免許証番号が登録されている場合、クレジットカード審査の身分証明書に運転免許証を提出してしまうと、過去の金融事故歴が分かってしまいます。

すると、該当する個人信用情報機関に加盟しているクレジットカード会社の審査では落ちる可能性が非常に高くなってしまいます。

ですので、過去に金融事故を起こしているクレジットカード会社や信用情報に運転免許証番号が登録されている場合には、他の身分証明書を提出した方が良いです。

 

紛失再発行番号には要警戒です

自動車運転免許証番号の最後の1桁は紛失再発行番号ですが、この数字が0の場合は紛失再発行回数が0回、つまり運転免許証の取得から紛失した回数が1度もないという事になります。

という事は、この番号が1・2・3と増えていくに従って紛失再発行回数が多くなる事になります。そして、クレジットカード会社では紛失再発行回数が多くなるにつれて申込者を警戒する事になります。それは、申込者が運転免許証を変造所持している可能性があるからです。

 

という事は、ただ単に運転免許証を紛失してしまった結果により紛失再発行回数が多くなっている方は、他の身分証明書を提出した方が良いです。

自分に非がない(免許証の紛失は非があるかも知れませんが)のにクレジットカード会社に警戒されてしまっては、クレジットカード審査に通らない可能性がありますから。

 

ただ、紛失再発行回数が多少多くなっていたとしても、他社と比べて審査難易度が低いクレジットカードであれば審査に通る可能性もゼロではありません。

ですので、もしあなたが運転免許証に不安があるのであれば、他の身分証明書を提出するか、またはこういったクレジットカード審査に申し込む事も1つの方法になります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ