CRINで交流されている情報はこれになります

CRINとは個人信用情報機関間の情報交流システムになります

a0002_010328

現在日本にある個人信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3機関になりますが、これらの3機関間では消費者への過剰貸付の防止や今後多重債務者の発生を防ぐために、CRINと呼ばれている情報交流を行っています。

まあ、各個人信用情報機関には、それぞれに金融会社が加盟していますが、各金融会社によっては1機関のみ、3機関に加盟しているなど、加盟している個人信用情報機関が異なっている場合が多いので、CRINでの情報交流は必要不可欠なものとなっています。

※CRINとは個人信用情報機関とは?その役割ってなに?

 

そして、このCRINではそれぞれの個人信用情報期間が保有している信用情報の内、延滞に関する情報や各信用情報機関にご本人が申告した情報のみが交流されています。

ただ、一言で延滞に関する情報とは言っても、その中身には短期間の延滞や長期間の延滞、さらには任意整理や自己破産、個人再生や特定調停などの債務整理など、さまざまな種類があります。

ですので、実際のところCRINではどの程度の延滞情報が交流されているのかが分からないという方がいるかと思いますので、今回の記事で説明しますね。

 

スポンサーリンク


CRINで主に交流されている情報は現在進行形の延滞情報

先ほども説明した通り、個人信用情報機関の信用情報に登録されている延滞や債務整理などの事故情報には短期や長期のものまでありますが、 CRINで主に交流されている事故情報は現在進行形の延滞情報になります。

現在進行形といえば、毎月の支払いを延滞中や任意整理中、さらには代位弁済や自己破産の申し立て情報などがあります。

ただ、毎月の支払いを延滞しているからと言っても、あまりに短期間の延滞情報については必ずしも交流されているという訳ではありません。これには、延滞を起こした金融会社があまりに短期間の延滞情報は個人信用情報機関の信用情報に登録していない場合があるからです。

 

中にはCRINを参照していない金融会社もあります

いくら個人信用情報機関間にCRINがあるからと言っても、CRINを利用するためには利用料金が掛かりますので、個人信用情報機関に加盟している金融会社によっては、必ずしもCRINを参照しているという訳ではありません。

そのため、ある個人信用情報機関の信用情報に延滞情報が登録されていても、その個人信用情報機関以外の機関に加盟している金融会社のクレジットカード審査や各種ローン審査には通ったという事例があるのです。

 

ですので、基本的には現在進行形の延滞情報がある方は、CRINによってその情報が交流されているため、クレジットカード審査や各種ローン審査に通る事は厳しくなります。

ただ、CRINを参照しない金融会社もありますので、CRINの交流情報が必ずしも審査に影響があるとは限りません。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ