JICCへの開示請求について

JICCでの開示請求におけるメリットやデメリットについて

a0003_001811

株式会社CCBとの合併により日本にある金融の全業態を網羅しているJICC(株式会社日本信用情報機構)。金融の全業態を網羅しているという事は、このJICCに信用情報の開示請求を行えば、いろいろなところで不具合が生じるのではないか?と思っている方もいることでしょう。

確かに、金融業界の全業態が加盟しているという事は、それだけでJICCのネットワークが膨大であるという事が分かりますので、その膨大さのあまりいろいろな金融会社へ開示請求の事実が判明してしまい、結果としてカード審査が不利になってしまうのではないか?とあなたは考えるか知れませんね。

 

そこで、今回はJICCへ信用情報の開示請求を行った場合のメリットやデメリットには一体何があるのか?について説明しますね。このJICCには是非開示請求を行って欲しいところですが、メリットやデメリットが分からないと怖くて開示請求が出来ませんから。

 

スポンサーリンク


JICCへの情報開示でのメリット

これは、CICへの情報開示と同様に、JICCに自分の信用情報がどのように登録されているのかを知ることが出来るため、今後のクレジットカード審査の対策を立てられる事ですね。

また、これもCICと同様ですが、支払ったはずの利用料金が延滞扱いになっていたり、登録されているはずの事故情報が登録されていなかったりと、実際に信用情報を確認しないと分からない事もあります。

ですので、クレジットカード審査に不安のある方や困っている方は、事前に信用情報の開示請求を行ってくださいね。

 

JICCへの情報開示でのデメリット

これも、CICと同様に開示請求の際に手数料が掛かることですね。ちなみに、JICCの場合は、携帯電話や郵送での開示請求では1,000円、直接窓口で開示請求を行う場合は500円の手数が掛かります。

若干の手間と時間は掛かりますが、それ以上の効果を得る事が可能=費用対効果が高くなりますので、是非開示請求を行って下さいね。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ