自己破産申請中のクレジットカード審査申込はNGです

自己破産申請中のクレジットカード審査について

a1640_000396

今回の記事では、私が金融コンサルタントをしていた当時に、当時運営していた私のサイトを見た方が質問してきた内容について説明します。まあ、その質問はこのブログタイトルの通り、自己破産申請中でもクレジットカード審査に通りますか?というものでした。

私はこの質問を見た瞬間、この人は自己破産したにも関わらずクレジットカード審査に申し込もうとしているという事は、自己破産という金融業界ではとても重大な事故を起こしておきながらその事に対して何も考えていないのでは?と思いました。

だって、普通の方であれば自己破産したらその後はしばらくカード審査には申し込まないはずですから。

 

まあ、人には人の考え方がありますので、私はそれ以上深く考えませんでしたが、この自己破産中にも関わらずクレジットカード審査に通るなどという、このような裏技(?)は存在するのでしょうか?

 

スポンサーリンク


自己破産申請中という事は?

通常、自己破産してから5~10年間は個人信用情報機関に登録されている信用情報に事故情報として登録されますので、基本的にはこの期間のクレジットカード作成は難しくなります。

※自己破産の登録期間個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?

ですので、過去に自己破産された方は、この信用情報から事故情報が消えてからショッピングローンや審査の甘いクレジットカードでクレジットヒストリーを積み重ねながら、本命のクレジットカードを狙っていく戦法(?)が必要になってきます。

 

ただ、今回の質問にあるように、自己破産申請中となってくるとかなり事情が異なってくるのです。それは、自己破産申請中なので、まだ免責許可の決定が出ていないからです。

すでにあなたは知っていると思いますが、自己破産とは申請するだけでは全ての債務が無くなるという訳ではなく、免責許可の決定を受けて初めて全ての債務がなくなるのですから。

※自己破産とは?債務整理における自己破産とはどういうことですか?

 

自己破産で免責許可の決定を受けていない場合には

これは、先ほども説明しましたが、免責許可の決定を受けていなければ、その時点では債務の督促は収まっているかも知れませんが、全ての債務が残っている状態になります。全ての債務が残っていますので、当然ですがこの状態でクレジットカードの作成は不可能です。

さらに、自己破産の免責不許可事由の中に自己破産する事が分かっていながら新たに借金をした場合というものがあります。

これはつまり、今回可能な限りの属性情報を変更して万が一クレジットカードが作れたとしても、この免責不許可事由に該当してしまう可能性が非常に高くなってしまうのです。

 

せっかく自己破産の申請をしたのに、たった1枚のクレジットカードでそれを台無しにしたとあっては、悔やんでも悔やみきれませんよね?免責不許可になった場合には、全ての債務が残る事になりますので、借金地獄は無くならない訳ですから。

ですので、自己破産申請中の方は免責許可の決定を受けるまでは、おとなしくしておいた方が今後のためになりますよ。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ