海外クレジットカードにも申込条件があるため注意が必要

海外クレジットカード取得には条件があります

a0810_000006

過去に金融事故を起こした方が、再度日本国内でクレジットカードを取得するためには、個人信用情報機関の信用情報から事故情報が削除(事故登録から5年程度)された後になります。

※信用情報個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?

まあ、その前にクレジットカード審査に申し込む事は可能と言うか自由ですが、大抵の場合はほぼ100%審査に落ちる事になります。

金融業者も慈善事業ではありませんので、過去に金融事故を起こしてから間も無い方は再度金融事故を起こす可能性が高いので、そんな方を審査に通す訳にはいきませんから。

 

もっとも、この登録期間内でもどうしてもクレジットカードが欲しいため、何とかしてクレジットカード審査に通りたいためにネットでいろいろと調べて審査への申込を行う方がいますが、結果は言わなくても分かりますよね?

ですので、過去に金融事故を起こして信用情報から事故情報が削除されていない方は、事故情報登録後から5年程度は各種金融商品の申込を我慢する必要があります。

 

ただ、現在の世の中はクレジットカード社会と言っても過言では無い程、クレジットカード1枚あれば大抵の店舗で買い物が可能、また大抵のサービスを利用する事が可能になっています。

そこで、金融事故から5年待てないという方向け(?)にネット上では海外クレジットカード取得代行サービスなるものがありますが、果たして日本国内に住んでいても海外クレジットカードは取得出来るものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットカード取得にはその国に住んでいる必要があります

日本でクレジットカードを申し込む際には、インターネット上や申込用紙から申し込む事になると思いますが、申込サイトまたは申込用紙の申込資格に日本国内に住む(居住)という一文が記載されていると思います。

これは、日本のクレジットカード審査に申し込む場合には、日本に居住していなければ申し込む事は出来ないという意味になります。

つまり、海外に住んでいる方が観光のため日本旅行にやってきたついでに日本のクレジットカード審査に申し込もうとしても、申込資格を満たしていないため申込すら出来ないのです。

 

そして、この国内居住という条件は、何も日本のクレジットカードだけでは無く、海外クレジットカードでも同様なんですね。

 

海外に居住しているだけでは無くある程度の実績も必要です

海外クレジットカードを取得するためには、ただ単に海外に居住しているだけではいけません。その国にある程度居住しており、さらにその国でのクレジットヒストリーが無ければクレジットカードの取得は難しいです。

まあ、これは海外だけでは無く日本のクレジットカードでも同様なので、いくら海外クレジットカードとは言ってもそんなに甘いものでは無いんですね。

 

さらに、ネット上には海外クレジットカードを100%取得出来ますと言う取得代行会社なるものが複数存在していますが、100%取得出来る海外クレジットカードなど存在しませんので、そんな情報には騙されないで下さいね。

クレジットカード審査に100%が存在しないという事は、日本でも海外でも同じですから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ