旧姓時の延滞情報は入会時に発覚する可能性がある

クレジットカード審査と旧姓時の延滞について

a1640_000303

以前クレジットカードや各種ローンで延滞や債務整理を起こしてしまった場合、そのままの姓では個人信用情報機関の信用情報から事故情報が消える5~10年間はクレジットカード審査で落ちる可能性が非常に高くなります。

ですので、こういった方が5~10年以内にクレジットカードを作るためには、姓を含めた属性情報の変更が必要不可欠になります。(中途半端な属性変更はクレジットカード会社に発覚する可能性が高い)

 

そして、結婚して住所や勤務先、電話番号などの属性情報がうまく変更できた場合には、5~10年以内にクレジットカード審査に通る可能性は十分ありますが、この段階では個人信用情報機関に登録されている信用情報に旧姓時の事故情報が登録されていますよね?

すると、いくらクレジットカードが作れたからと言っても、旧姓時に金融事故を起こしている方にとっては旧姓時の事故情報が信用情報に登録されているままなので、この事故情報がいつクレジットカード会社に発覚してしまうのかが気になるかも知れません。

そこで、今回の記事では、結婚して姓が変わってもクレジットカード会社に旧姓時の延滞歴は発覚するのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


旧姓時の延滞歴の発覚の可能性はクレジットカード入会時です

クレジットカード会社では、クレジットカード審査において申込者の氏名や住所などの属性情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報をチェックして、申込者の現在及び過去の利用状況などに問題が無いかどうかを確認します。

つまり、旧姓時の延滞歴が発覚する可能性が高いのは、このクレジットカード入会時の審査になるのです。それはそうですよね?クレジットカード会社では、属性情報や信用情報に問題のある申込者をクレジットカード審査に通す訳には行きませんから。

ですので、クレジットカード入会時の審査に通ってしまえば、その後旧姓時の延滞歴が発覚する可能性は低くなるのです。それに、クレジットカード会社も暇ではありませんので、クレジットカード利用代金を毎月きちんと 支払っている顧客の旧姓をわざわざ調査する必要もありませんから。

 

ただ、結婚してもカード審査に通らないという方は、一度審査難易度の低いカードで実績作りを行ってから目標のクレジットカード審査に申し込むという、二段構えの対策も必要になりますね。

 

過去に金融事故を起こしている金融会社には注意が必要です

過去に金融事故を起こしているクレジットカード会社やローン会社で、なおかつその債務を残したまま=延滞債務が残ったままの場合には注意が必要です。

というもの、自社に延滞債務がある顧客に対しては日々追跡調査を行っていますので、いくら結婚して姓が変わったからといってもずぐに発覚する可能性が高いからです。

ですので、旧姓時の延滞歴の発覚が心配な方は、過去に金融事故を起こしていないクレジットカード会社のクレジットカードに申し込んだ方が良いです。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ