ローン審査では頭金が審査の行方を左右します

ローン審査では頭金が重要になります

a1180_013773

50万円以上もする高額なショッピングローンや高いものでは300万円以上にもなるオートローンの場合には、一般的な属性情報の方ではローン審査に通るには厳しい、または連帯保証人を要求される可能性があります。

ただ、連帯保証人を要求されても身近に連帯保証人になってくれそうな方がいない、または連帯保証人になってくれそうな方が見つかっても実際に保証人になってくれるのかは分からないという場合が多いのではないでしょうか?

※連帯保証人軽々しく連帯保証人にはならない事です

 

しかし、そのままではローン審査に通る事が厳しい、または連帯保証人を要求される場合でも、ある物を用意する事によってローン申込者単独でローン審査に通る可能性が高くなる可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


ある程度頭金を用意すれば問題は解決します

どうしても欲しい商品や車があったとしても、自分の収入ではローンを組めるのか分からないという方も多いのではないでしょうか?かと言って、現在の収入を増やす方法や連帯保証人を用意する事が出来ない場合には、途方にくれる可能性もありますよね。

ただ、どうしてもその商品や車をあきらめる事が出来ない場合には、毎月の支出を抑えてでもある程度の頭金を用意する事です。

 

ある程度の頭金を用意する事が出来れば、ローン会社からはすでにそれだけの現金がある、さらには計画的な買い物が出来る人物と判断されますので、全額ローンの場合と比べ債務総額が減る事になりますのでローン審査には有利に働くのです。

例えば、総額20万円のローンを全てローンにした場合と、頭金10万円で残りのローン残高10万円の場合では、あきらかに後者が有利になります。

 

ローン総額に対する頭金の割合は3~5割程度です

気になる頭金の割合ですが、これはローン総額のおよそ3~5割程度が妥当なラインになります。もちろん、これより頭金を多く入れればそれだけローン審査に有利になりますが、ローン契約後に支払い延滞になってしまっては元も小もありません。

ですので、頭金はあなたがローン契約後の支払いに困らないような金額を入れるようにして下さい。

 

ただ、いくら頭金を入れた方が有利になるからと言っても、頭金を自分では用意出来ないため消費者金融などから借りて用意するような事は絶対に行わないで下さい。

これは、頭金を別の場所から借りる=借金が増える事になりますので、この借金が計画的では無い場合には例えローンを組めたとしても、その後の支払いに行き詰まる事は明らかだからです。ですので、ショッピングローンやオートローンに申し込む場合には、計画的に行って下さいね。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ