オートローンの残債がある場合には大変な目に遭う可能性

オートローンの残債と買い替えについて

a0782_001194

現在車を所有している方の中には、車を購入する際にオートローンを組んだという方がいるかと思います。というか、余程のお金持ちでなければ、本体価格が高額になりやすい車を現金一括払いで購入する方は少ないような気がしますけど。

それはともかく、現在所有している車の調子が悪くなった、または新しい車が欲しいという事で、新車や中古車に買い換える場合がありますよね?この時には、現在所有している車を下取りに出すと思います。

 

ただ、下取りに出す車に残債(オートローン)が無ければ特に問題はないのですが、残債が残っていると車を買い替える自動車店によっては、後々自分自身に悪影響が出てくる場合があるのです。

それでは、何故今まで使っていた車を買い換える場合、新たに車を購入する自動車店によって悪影響が出てくるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


原則残債を一括支払いしてから新規でオートローンを契約します

車を買い替える際に、下取りに出す車に債が残っている場合には、原則この残債をローン会社に一括で支払ってから、新たにオートローン契約を結ぶ事になります。

ただ、現状ではユーザーが残債をローン会社に支払う手間を省くために、この手続きを車を買い替える自動車店が行っている場合がほとんどです。そして、この場合にはユーザーの下取り車を自動車店が買い取って、その代金でローン会社へ残債を一括で返済する事になります。

この際、自動車店がローン会社へきちんと残債を一括で支払ってくれていれば特に問題は無いのですが、資金繰りが厳しい自動車店ではローン会社へ残債を一括で支払わない場合があるのです。

 

というのも、資金繰りが厳しい=手持ち資金を確保しなければならないため、自動車店の中には下取り車が売れない限りはローン会社へ残債を一括返済するだけの資金が足りていない場合があるからです。

そのため、下取り車が売れるまでの時間稼ぎとして、自動車店からユーザーの口座へ毎月の支払い分を振り込むか、毎月ユーザー名でローン会社の口座へ振り込むなどという手口を使っています。

その後、下取り車が売れた場合には、自動車店にまとまったお金が入ってきますので、そこで資金繰りが好転すれば残債をローン会社へ一括返済する事になりますが、好転しない場合にはその後も残債を毎月支払っていく事になるのです。

 

自動車店が倒産したら残債の支払いはユーザーが負う事に

資金繰りの厳しい自動車店では、ある日突然倒産したなどという事は特に珍しい事ではありません。ただ、倒産した時に下取り車の残債が残っていた場合には、下取り車の元ユーザーが残りの残債を支払う義務があるのです。

まあ、これは元々ユーザー名義でオートローン契約した訳なので、オートローンを完済するまではユーザーに支払い責任がありますから。(こういったケースでは債務者名義をそのままにしておく場合がほとんど)

 

ですので、下取り車に残債が残っていた場合には、車を買い替えた自動車店に連絡をして、ローン会社から完済証明を出してもらうようにして下さい。完済証明があればオートローンの支払いが完了している事を証明する事が出来ます。

また、毎月自分の銀行口座をチェックして、不審な引き落しが続いているようであればローン会社に確認をした上で自動車店に抗議して下さい。その際、はったりでも消費者生活センターや警察に相談に行くと言えば、自動車店には結構効果がありますから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ