KSCへの開示請求について

KSCでの開示請求におけるメリットやデメリットについて

a0003_001807

全国銀行個人信用情報センター(KSC)と言えば、他のCICやJICCと違い、全国の銀行またはそれに準ずる金融機関が加盟している個人信用情報機関になります。

CICやJICCと違うという事は、このKSCに信用情報の開示請求をすると、何らかのペナルティがあるのではないか?と思うかも知れません。確かに、銀行と言えばお堅いイメージがありますので、他の機関とその扱いが異なっていても不思議ではないですよね?

もっとも、銀行系のクレジットカード審査は、他の系統の審査よりもその難易度が高い傾向がありますので、その難易度と同様に開示請求を行った場合、より審査が厳しくなるのでは?と思う方がいるかも知れませんね。

※系統別審査状況系統別クレジットカード会社の審査状況

 

そこで、今回の記事では全国銀行個人信用情報センターに信用情報の開示請求を行った際のメリットやデメリットについて説明しますね。メリットやデメリットが分かっていれば開示請求もやりやすいですからね。

 

スポンサーリンク


全国銀行個人信用情報センターへの情報開示でメリット

これは、CICやJICCと同様に、KSCに自分の信用情報がどのように登録されているかが分かるため、今後のクレジットカード審査の対策において非常に役に立ちます。

また、延滞情報の相違の可能性もありますが、KSCにはCICやJICCとは違って官報情報というものがあり、この官報情報は10年を超えない期間登録されています。

 

そして、この官報情報が登録されていると、その期間はクレジットカード審査に落とされる可能性が高いです。しかも、10年を越えない期間ですので、自己破産や個人再生をされた方にとっては、とても長く感じてしまいますよね?

ただ、10年を超えない期間と書いてあるように、必ずしもKSCに官報情報が10年間登録されている訳ではないので、官報情報で不安と言う方は一度KSCに信用情報の開示請求を行ってくださいね。

※官報情報個人信用情報機関に登録されている信用情報とは?

 

全国銀行個人信用情報センターへの情報開示でのデメリット

これについては、いくらKSCが銀行系の個人信用情報機関と言っても、開示請求の際に手数料が掛かること以外には、CICやJICCと同様にデメリットはありませんし、クレジットカード審査に影響を及ぼすこともありません。

ちなみに、KSCの信用情報の開示手数料は、センターへの郵送による申込みでのみ受け付けており、1,000円になります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ