ローン審査に不利な職業について

ローン審査には不利な職業があります

a1180_006629

ローン審査に有利な職業があるのを知っていましたか?では、ローン審査に有利な職業について説明しました。ただ、ローン審査に有利な職業があれば不利な職業もあるのが世の中の常(?)ですよね?

まあ、有利ばかりで不利がないなどという事は、物事においてあまりないような気がしますが、これはローン審査にも当てはまるのです。

もっとも、有利になる場合や不利になる場合の両方を知っていれば、今後のローン審査に申し込む際の参考になりますので、知らないよりは知っていた方が良いと思います。

 

そこで、今回の記事では、ローン審査ではどのような職業が不利になるのか?=不利な職業について説明しますね。

これは、何もローン審査に限った事ではなくクレジットカード審査にも共通しますので、クレジットカード審査に不安のある方も読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク


ローン審査に不利な職業とは?

パチンコ店の店員や風俗店

ローン会社では、ローン審査に際に公序良俗に反する職業はNGという判断はしません。それよりも、このパチンコ店や風俗店という業種は、肉体的にとてもハードなため離職率が非常に高いという点が審査で不利になるのです。

それはそうですよね?離職率が高ければ今後も安定した収入を得る事が難しくなるため、今後失業したり支払いの延滞が起こる可能性がありますので、これは仕方ありません。

 

ちなみに、これがスナックやラウンジ勤務の場合には、勤務年数が1年以上あればよほど高額なローンでなければ、ローン審査に通る可能性は高くなります。まあ、スナックやラウンジ勤務の場合、パチンコ店や風俗店と比べると肉体的にハードという訳ではありませんから。

 

一般的に不況と呼ばれている業種

これは、個人経営の建設業などになります。特に個人経営の代表者の場合はローン審査が厳しくなります。

個人経営の建設業は、なかなか仕事量が一定にならず、仕事が多いときにはそれなりにありますが、仕事がない時には全く仕事がないという事が多くありますので、これは仕方ありません。

特に雪国の場合、冬に雪が降らないと除雪作業の仕事が入らないため、雪が降るまで休みという事態が結構あったりします。

 

中古車販売業

これは、会社を立ち上げて間もない、また規模も小さい場合にはローン審査が厳しくなります。まあ、中古車販売業で規模が小さい場合、気がついたらお店が無くなっていたという事が結構起こっていますので、これも仕方がないところですね。

それに、これはどんな会社でも言える事ですが、会社の規模だけで見れば規模の小さい会社よりも規模の大きい会社の方が信用度が高くなりますから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ