クレジットカード審査に落ちても冷静に対処しましょう

クレジットカード審査に100%はありません

a0002_010302

100%や絶対が存在しないクレジットカード審査なので、中には審査に落ちる事もあるでしょう。まあ、毎回クレジットカード審査に落ちる方は、信用情報や属性情報に何らかのブラック情報があると思いますので、審査に落ちた理由は自分で分かっていると思います。

ただ、あまりクレジットカード審査に落ちた事が無いという方が、たまに審査で落ちたとしてもその理由は中々見つからないかも知れませんね。ですので、こういった方の中には、何故クレジットカード審査に落ちたのか?と、クレジットカード会社に問い合わせをする方がいるんですよね。

 

しかし、審査に落ちたからと言って、負の感情のままカード会社に問い合わせ(中には問い詰める方もいるようです)をしても何の解決にもならないどころか、下手をすると今後の審査に悪影響を与える可能性すらあるので注意が必要になります。

 

スポンサーリンク


クレジットカード会社に問い合わせても理由は教えてくれません

過去にクレジットカード会社へ審査に落ちた理由を問い合わせた事がある方はご存知かと思いますが、落ちた理由をクレジットカード会社へ問い合わせても教えてはくれません。

それはそうですよね?クレジットカード審査の詳細はカード会社の機密情報になりますので、その情報を申込者に教えてしまったら申込者が審査の対策を行ってしまうからです。

 

まあ、クレジットカード審査に不安のある方は、審査に申し込む前の対策は必須ですが、あらかじめ100%審査の対策が分かってしまったら、過去に金融事故を起こした事がある方でも審査に通ってしまいかねませんから。

クレジットカード会社としては、過去金融関係で問題が無く今後自社の売上に貢献してくれる顧客が欲しい訳なので、本来であれば審査対策をしていない素の顧客情報で審査を行いたいのです。

そうしないと、今後延滞や債務整理などの金融事故を起こす可能性がある方がクレジットカード審査に通ってしまう可能性があるんですよね。

 

もっとも、顧客からの問い合わせに対応するのはクレジットカード会社のオペレーターになりますので、オペレーターに審査内容を教えてくれと言っても無駄なんですけど。

 

最悪なのは審査結果に対してクレームを付ける事です

普通にクレジットカード審査に通ると思っていたにも関わらず、審査に落ちてしまうとクレジットカード会社に理由を聞きたくなる気持ちは分からないではありません。

まあ、オペレーターに対して問い合わせだけで気が済むのであれば良いのですが、中には何故審査に落ちたのか教えろ!と、オペレーターに対してクレームを付ける方がいるんですよね。

 

ただ、最近の問い合わせ事情(?)は、クレジットカード会社に限りませんが問い合わせ内容が録音される場合が多々あります。(会社によってはあらかじめ内容を録音するという案内がある)

すると、クレームを付けてきた申込者に対しては、オペレーターからの報告や録音内容が証拠となって、クレジットカード会社の自社データベースに自社ブラックとして登録される可能性があるのです。

クレジットカード会社としては、クレジットカード発行の前に問題行動を起こした方を自社顧客にしたいとは思いませんので、自社ブラックに登録されても仕方ありません。

 

ですので、いくらクレジットカード審査に落ちたからと言っても、問い合わせでクレームを付けるのは辞めて下さいね。百害あって一利なしですから。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ