自己破産について説明します

自己破産について

a1640_000366

ショッピング枠を現金化すると後が大変になる可能性がありますでは、現金化は自己破産における免責不可事由に当たる可能性がありますと説明しました。自己破産で免責不許可にでもなったら、自己破産した意味がありませんから、現金化は避けるべきです。

ただ、自己破産の免責とは言っても、自己破産の仕組み自体が分からない方がいるかも知れませんよね?まあ、自己破産は債務者のみならず金融業界ではかなり名の知れた債務整理方法になりますので、債務全てが帳消しになるという事は分かっているかも知れません。

しかし、債務全額が帳消しになるためには、裁判所に自己破産を申請して裁判所から免責許可の決定を受ける必要があるんですよね。

 

そこで、今回の記事では自己破産の仕組みについて説明しますね。この事を知っておかないといざ自己破産してみたものの、免責が許可されない=不許可になる可能性がありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク


自己破産とはなんですか?

この自己破産ですが、いくつかの債務整理方法の中の一つになり、裁判所に破産申し立てを行い破産開始決定を受けると自己破産になります。ただ、この自己破産は他の債務整理方法とは決定的に違うことがあり、それは今までの債務をすべて帳消しにする事が出来る唯一の方法なのです。

しかし、今までの債務をすべて帳消しに出来るのですから、その敷居は決して低くはないんですよね。

 

自己破産の敷居が高い理由とは?

自己破産では、破産開始決定を受けただけではすべての債務を帳消しにすることは出来ません。すべての債務を帳消しにするためには、裁判所から免責決定を受ける必要があるのです。免責=責任を免れるになりますので、この免責を受けなければ債務が残ったままになるのです。

確かに、自己破産されて一番困るのはお金を貸している債権者になりますので、簡単に自己破産されては困るのです。

 

ちなみに、自己破産では免責不可事由というものがあって、主な事由ですが、

特定の債権者に特別の利益を与える目的で担保を提供したり、弁済期前に弁済するなどした
浪費やギャンブルのために借金したり著しく財産を減少させた
株や先物投資のためにした借金
返済不能であることが明らかな事を隠して借金をしていた
支払能力がないのに、信用取引により財産を得て、著しく不利な条件でこれを処分した
免責申立の前7年以内に免責決定を受けている

などがあります。特に、ギャンブルや浪費、ショッピング枠の現金化などには注意が必要ですね。

 

自己破産のメリットとは?

とはいえ、敷居の高い自己破産を行うわけですから、そのメリットには大きなものがあります。

 

今までの債務がすべてな帳消しになる

自己破産で免責決定を受ければ、今までの債務がすべて帳消しになります。今まで、債務の返済で毎月頭を悩ませてた事が無くなりますので、精神的にも落ち着いて生活することが出来るようになります。

 

金融業者からの取立てがなくなります

多重債務で支払いが遅れると、金融業者から矢のような取立て攻勢がありますが、自己破産すればこの取立てもなくなります。この取立ても精神的苦痛を伴いますので、苦痛から開放されることは、何にも変えがたいものがあります。

 

自己破産のデメリットとは?

自己破産では、今までの債務がすべて帳消しになりますので、それ相応のデメリットもあります。

 

自分が持っているすべての財産を失います

今までの債務がすべて帳消しになるのに、自分の財産がそのままというのは、いくらなんでも虫が良すぎる話です。

ですので、自己破産した場合には、生活に必要な最低限の現金や預金以外の財産はすべて失うことになります。これにはもちろん、自分の持ち家や自動車なども含まれます。

 

免責許可決定まで一定の職業に就けません

裁判所から破産決定開始が宣言されてから免責許可決定まで、一定の職業に就くことが制限されます。

※主な職業

弁護士
税理士
社会保険労務士
保険外交員
旅行業者

つまり、これらの職業の方が自己破産した場合、その職を失うことになりますので注意が必要です。なお、免責許可が決定した場合には、これらの制限は無くなります。

 

裁判所へ出廷する必要があります

自己破産の場合は、基本的に裁判所へ出廷して裁判官の尋問を受ける必要があります。ただ、これは各都道府県によって扱いが異なり、弁護士に依頼すると裁判所へ出廷しなくても良い都道府県もあります。

 

自己破産した事実が官報や信用情報に掲載されます

この官報とは、政府が発行している刊行物ですが、自己破産した場合には官報に住所や氏名が掲載されますが、一般人で官報を読んでいる方は少ないので、自己破産の事実が近所の方にバレるという事はまずありません。

また、当然ながら自己破産の事実は個人信用情報機関に登録されている信用情報にも掲載されますので、今後5~10年間はクレジットカード審査に通らない可能性が非常に高くなります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ