任意整理について説明します

任意整理について

a1640_000368

数年前の債務整理と言えば、自己破産か任意整理かの二者択一でしたが、近年ではこの2つに個人再生や特定調停を加えた4つの債務整理方法があります。

そして、自己破産ではすべての債務が帳消しになる事が最大の特徴となっており、任意整理では債務の支払い期間が3年間になる、また個人再生では債務が100万円程度になる可能性があるなど、その特徴はさまざまです。

まあ、これは債務者にとって現状の債務額を考慮しながら債務整理方法を4つの中から選択できるというメリットがありますね。

 

そこで、今回の記事では、債務整理方法の1つでもある任意整理について説明しますね。任意整理では債務の支払いが3年間になる他に、任意に整理をするという事はある債務は整理をしてある債務は整理をしないという選択制のような気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


任意整理とはなんですか?

この任意整理とは、債務者が弁護士司法書士など法律の専門家に債務整理を依頼して、弁護士や司法書士が直接債権者(金融業者)と今後の債務の返済について交渉するものです。

まあ、債務者が直接債権者と交渉しようとしても債権者は交渉には応じないため、任意整理は法律の専門家の力を借りて債務の減額を目指すものです。

 

任意整理の条件とはなんですか?

今までの債務を整理しますので、当然のことながら任意整理をするための条件があります。その条件ですが、

今後も継続して収入が見込める方
任意整理後3年程度で債務の返済が可能な方

になります。まあ、今後も継続して収入が見込めなければ債務の返済なんて出来ませんので、当然の条件かと思います。

 

任意整理のメリットとは?

わざわざ弁護士や司法書士に依頼して任意整理をする訳なので、メリットがないとやる意味がありませんよね?

 

債務額の減額が可能

任意整理では、利息制限法による引き直し計算を行い、利息制限法による上限を超えていた分については過払い金として債務額に組み込むことによって、トータルで債務額を減額させることが可能です。

そして、減額された債務額については、将来の利息をカットして今後3年程度で返済することになります。

 

整理する債務の選択が可能

同じ債務整理方法の自己破産では、今までの債務のすべてを整理する必要がありますが、任意整理では整理する債務を選択することが可能なのです。例えば、住宅ローンや自動車ローンを残しておいて、他の債務を整理するということが出来るのです。

 

保有財産の処分がない

自己破産では、生活に必要な現金や預金以外のすべての財産を処分する必要があるのに対して、任意整理では財産を処分することなく債務の整理が可能です。つまり、自分の持ち家や自動車などの財産を処分することなく、債務を整理することが出来るのです。

 

資格や職業の制限がない

自己破産と違い、任意整理では資格や職業の制限はありません。

 

裁判所への出頭がない

自己破産では、債務者本人が裁判所に出頭して裁判官から尋問を受ける必要がありますが、任意整理では裁判所を介しませんので、裁判所に出頭する必要はありません。

 

任意整理のデメリットとは?

メリットがあれば当然デメリットもあります。

 

整理された債務の全額を支払う必要がある

自己破産では、免責許可が決定されれば今までの債務がすべて帳消し になりますが、任意整理では引き直し計算によって減額された債務の全額を支払う必要があります。まあ、基本的に借りたお金は返さなければいけませんので、これは仕方ないところです。

 

 任意整理の事実が信用情報に掲載されます

これは、債務整理をする訳なので、当然個人信用情報機関に登録されている信用情報に掲載されますので、今後5年程度はクレジットカード審査に通らない可能性が非常に高くなります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ