クレヒスを付けるための最低金額はこれです

ショッピングローンとクレジットヒストリーについて

a1180_016415

過去にクレジット関係で延滞や債務整理などの事故を起こしている方で、個人信用情報機関の信用情報から事故情報が削除されたばかりの方や今まで現金主義者だった方には、クレジットカード審査で重要なクレジットヒストリーがありません。

※クレジットヒストリーとはクレジットヒストリーはクレジットカード審査に影響しますか?

そして、こういった方がクレジットカード審査に申し込んだ場合には、公務員や一流企業に勤務しており、なおかつ年収も高く居住年数も多いなど、自分の属性情報が高くなければクレジットカード審査で落ちる可能性が高くなります。

ですので、クレジットヒストリーが無い方の場合には、まずはクレジットヒストリーを積み重ねる必要があり、このクレジットヒストリーを積み重ねる一番の方法がクレジットカード審査よりも審査が緩いショッピングローンになるのです。

 

ただ、いくら審査の緩いショッピングローンだからと言って、あまりローン金額を高く設定した場合には、クレジットヒストリーが無いためにローン審査で落ちる可能性がありますので、今回の記事ではショッピングローンで実績を作るための最低設定金額について説明します。

 

スポンサーリンク


ショッピングローンの最低設定金額は3万円です

ショッピングローンの最低設定金額ですが、これは3万円以上にして下さい。というのも、ローン会社が個人信用情報機関の信用情報へ情報を登録するための最低金額が3万円という場合が多いからです。

つまり、個人信用情報機関の信用情報にローン契約の情報が登録されない3万円未満の場合には、いくらローン契約後に支払いを続けてもクレジットカード審査に必要なクレジットヒストリーを積み重ねる事が出来ないのです。

クレジットカード審査では、クレジットカード会社が個人信用情報機関の信用情報を照会して、大まかに他社での利用状況を把握する事が可能ですが、たとえ3万円という小額のショッピングローンでもあると無いとでは審査結果に違いが出てしまうのです。

 

また、クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の収入状況はもちろんですが、万が一延滞があった場合に備えて本当に申込者が実在するのかどうか?も重要視されます。

この点においても、たとえ金額が低くても他社での成約情報があれば、クレジットカード会社ではこの申込者がきちんと実在していると考えるのです。

 

詐欺性の低い家電商品の場合はさらに審査に通りやすい

ローン会社では、ショッピングローンにおいて換金性の高い商品(デジタルカメラ(比較的高額なもの)やビデオカメラ、ノートパソコンに宝石などの貴金属類)の場合には、十分目を光らせています。

※関連記事ブラックリストでなくてもクレジットカード審査で落ちる事例とは?

ただ、換金性の低い家電商品などは、ローン契約後にすぐに換金される可能性が低いため、クレジットヒストリーが無いという方でも換金性の高い商品と比べショッピングローン審査に通る可能性があります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ