信用情報に異動があると大変です

信用情報の異動について

a1180_002824

個人信用情報機関の事故情報はヤバイのか?では、信用情報に異動の文字があると、クレジットカード審査で落とされる可能性が非常に高いと説明しました。

まあ、この異動とは毎月の支払いから61日以上、または3ヶ月以上にわたって支払いがなかった場合に個人信用情報機関の信用情報に登録される事になります。

もっとも、普通に考えれば支払い日から61日以上、または3ヶ月以上にわたって支払いがないという事は、かなり重大な延滞になりますので、これは各種審査においても何らかのペナルティが課せられる可能性が非常に高いのではと思われますよね?

 

それでは、この文字が信用情報に登録されているとカード審査で落ちる可能性が高くなるといわれているこ異動には一体どういう意味があるのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


信用情報の入金状況欄が示す意味とはなんですか?

ここでは、異動を説明する前に 信用情報の入金状況欄(24ヶ月分が記載されている)に示されている記号について説明しますね。

この入金状況欄の記号は、クレジットカード審査において非常に重要な意味を持ちますので、覚えておいたほうがいいですよ。

 

※CICの場合

$ 請求額通り(もしくは請求額以上)の入金があった場合
P 請求額の一部入金があった場合
R 利用者以外から入金があった場合
A 利用者の事情で入金がなかった場合(未入金)
B 利用者の事情とは無関係の理由で入金がなかった場合
C 入金されていないが、理由が分からない場合
 請求も入金もなかった場合
空欄 クレジット会社から情報の更新がなかった場合

 

信用情報の入金状況欄で使われている記号の一覧では、主に使われている記号の説明にマーカーを付けました。

そして、この入金状況欄の記号を見ていただければ分かりますが、入金状況欄に$マークが並んでいれば毎月延滞なく支払いが行われていることが分かりますので、クレジットカード審査に通る可能性が高くなります。

ただ、入金状況欄にPまたはAマークが並んでいると、毎月の支払いを延滞していることが分かりますので、クレジットカード審査で落とされる可能性が高くなるのです。

 

信用情報の異動が示す意味とはなんですか?

異動と言えば、真っ先に職場での人事異動が思い出されます(?)が、 信用情報における異動の意味は人事異動で左遷されたような意味合いが強いかも知れませんね。(状況が悪化するという意味で)

これは一体どういう事かというと、クレジットカード会社では先ほど説明した信用情報の入金状況欄で、申込者の毎月の支払い状況がすぐに分かってしまいます。

 

ですので、仮に入金状況欄で$マークではなくPまたはAマークが並んでいた場合、新たに毎月きちんと支払いを行えば$マークがPやAマークを過去のものへと押しのけてくれます。

極端な話、24ヶ月間連続して毎月延滞なく支払いを行えば、入金状況欄にあったPやAマークを入金状況欄から消す事が出来ますので、クレジットカード審査に通る可能性が高くなります。

 

しかし、一旦信用情報に異動と記載されてしまうと、この異動の文字は異動発生日から5年間は信用情報から消えませんので、この5年間はレジットカード審査で落とされる可能性が高くなるのです。

これは、いくら他社と比べて難易度の低いクレジットカードとは言っても異動が登録されていれば審査に落ちる可能性が高くなりますので、素直に異動が削除されてからカード審査に申し込む事をお勧めします。

そして、この事からも分かるように、短期間の延滞であればその後の信用回復も比較的短期間で行えますが、3ヶ月以上の延滞をしてしまうとその後の信用回復には時間が掛かってしまうので、注意が必要になります。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ