信用情報を更新出来るのは該当金融会社のみ

信用情報の更新について

a0002_010588

クレジットカード審査においては、クレジットカード申込前に個人信用情報機関の信用情報がどのように登録されているのかを確認する事はとても重要になります。特に、過去にクレジットカード審査で何度となく落ちている方にとっては、信用情報の開示請求は必須になるのです。

それは、クレジットカード審査に落ちるのには何かしらの理由があり、その理由の一部が信用情報に隠されている可能性があるからです。まあ、属性情報が悪ければ、信用情報を参照するまでもなくクレジットカード審査で落ちる可能性が高くなりますけど。

 

それはともかく、信用情報の開示請求は個人信用情報機関に登録されている信用情報を事務的な手続きを経てから開示してもらう訳なので、開示請求をした場合には信用情報の中身も更新されてしまうのではと思っている方がいるようです。

そこで、今回の記事では、個人信用情報機関の信用情報を開示したら情報は更新されるのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


信用情報の更新は加盟している金融会社が行います

信用情報の開示を行う場合、開示請求書に現在の住所や電話番号、さらには必要に応じて過去の住所や電話番号を記入する必要があります。

例えば、過去に延滞を起こした事があり当時から住所や電話番号がが変更になっている方の場合、過去の延滞情報が信用情報に登録されているか否かを確認するためには開示請求書に過去の住所を記入する必要があります。

※開示請求書の申請住所信用情報開示請求の申請住所はどこを記入すれば良いのでしょうか?

ただ、過去の住所では今回請求した開示報告書を受け取る事が出来ませんので、開示請求書の現住所には現在の住所を記入する必要がありますが、この現住所が信用情報に登録されるのでは?と思っている方がいるようなのです。

 

しかし、個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行ったとしても、個人信用情報機関の信用情報の更新を行う事が出来るのは、あくまでその情報を登録した個人信用情報機関に加盟している金融会社になります。

つまり、信用情報の開示請求を行ったからと言っても、個人信用情報機関には信用情報の登録や訂正・削除を行う事が出来ませんので、信用情報が更新される事はありません。

ちなみに、過去に延滞や債務整理などを起こしているクレジットカード会社へ現住所でクレジットカードを申し込んだ場合には、クレジットカード会社の自社データに登録されている現住所が更新される可能性があるため注意が必要です。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ