実際のカード審査は提携会社が行う

ブランド付きクレジットカード審査について

20140614-2

現在、日本のクレジットカードには、VISAやMaster、JCBなどのブランドが付いているのが一般的になっています。例えば、三井住友VISAカードやオリコMasterカード、楽天JCBカードなど。

その他にもアメリカンエクスプレスやダイナースクラブなどの国際ブランドがありますが、こと日本国内においては先程の3ブランドがかなりのシェアを占めていると思われます

そして、これらのブランド付きクレジットカードは、VISAやMaster、JCBがそれぞれのクレジットカード会社(この例では三井住友、オリコ、楽天)にブランドカードの発行権を与えています。

 

つまり、これらのクレジットカード会社では、VISAやMaster、JCBなどから発行許可を受けて初めてクレジットカードを発行する事が出来るのです。

発行許可を受ける・・・これだけを見れば、これらのブランド付きクレジットカードは、VISAやMaster、JCBなどのブランドがクレジットカード審査を行っているようにも見えますが、その真実はどのようになっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク


実際の審査は各クレジットカード会社が行っています

先ほども説明しましたが、VISAやMasterなどのブランドは、各クレジットカード会社にブランド付きカードの発行権を与えているだけであって、実際のクレジットカード審査は各クレジットカード会社が行っています。

つまり、三井住友VISAカードは三井住友カードが、オリコMasterカードはオリエントコーポレーションが、楽天JCBカードは楽天カードがそれぞれクレジットカード審査を行っているのです。

 

まあ、これらクレジットカードの利用代金を回収するのは、これらクレジットカードを発行している会社になりますので、これらの会社ではクレジットカード発行後の債務回収が可能かどうかを判断する必要がありますよね?

そのために、クレジットカード申込者に対して、自社のクレジットカード発行基準を満たしているかどうかの判断を行うために、自社でクレジットカード審査を行っているのです。

 

ですので、いくらVISAやMasterなどのブランドが付いていても、あくまでクレジットカード審査を行っているのは、クレジットカードを発行している会社だという事を覚えておいて下さいね。

 

スポンサーリンク





今月注目のクレジットカード

この欄には、その月の私が注目しているクレジットカードについて記載していきますね。その月注目のカードになるにはそれなりの理由がありますので、今後のカード審査のために是非参考にしていただければと思います。

 

icon-rank01-01クレヒス修行用にはこの1枚がお勧め!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ