イオンカードの審査状況はこのようになっています

イオンカードは主婦の味方です

イオンカード

皆様ご存知の大手スーパーのイオンですが、流通系クレジットカード会社の特徴ともいえる、自社顧客獲得のためにイオンカードを発行しています。そして、このイオンカードには数多くの種類があるため、私たちカード利用者から見ればカード選びに迷ってしまうかも知れませんね。

そんなイオンカードですが、カードを持つためには当然ですがイオンカード審査に通る必要があるため、まずはイオンカード審査に申込を行いその審査結果を待つ必要があるのです。

 

ただ、このイオンカードは自社スーパーでの利用促進が目的の1つでもあるため、日頃からよくイオンを利用してくれている専業主婦や会社員、パートなどの女性の場合には、男性と比べて審査可決率が高い傾向にあります。

つまり、イオンカードは働く女性や家事・育児に頑張っている女性の強い味方となっているのですが、肝心の審査に通らないとはじまりませんので、今回の記事ではイオンカードの審査状況について説明します。

 

スポンサーリンク


イオンカードの審査状況はこちら

ここからは、女性に大人気のイオンカードの審査状況について説明していきますので、今後イオンカード審査への申し込みを考えている人は是非参考にしていただければと思います。

 

■イオンカードの申込条件

このイオンカードの申込条件ですが、18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。未成年の方は親権者の同意が必要となっています。つまり他のクレジットカードと同様に満18歳以上(高校生不可)であれば誰でも申し込みが可能となっています。

また、この申込条件には電話連絡可能な方となっていますので固定電話または携帯電話が必須ですが、他のクレジットカード審査の申込条件にあるような、毎月安定した収入という条件が記載されていませんよね?

ただ、これはどのクレジットカード審査でも同様ですが、毎月安定した収入は審査に通るためには必須となっている事から、このイオンカードではその条件は省いているのかも知れません。

 

■イオンクレジットサービス株式会社が加盟している個人信用情報機関

イオンカードを発行しているイオンクレジットサービス株式会社ですが、加盟している個人信用情報機関は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)の2機関になっています。

つまり、基本的にCICとJICCに重大な金融事故情報が登録されている場合には、このイオンカード審査に通る事はほぼ不可能と思っていた方が良いです。もっとも、個人信用情報機関の信用情報に重大な金融事故情報が登録されている場合には、どのカード審査に申し込んでも通らない可能性が高くなっています。

 

■イオンカード審査に通るためには

このイオンカード審査では、ネット口コミや過去の経験からすると日頃からイオンを利用している専業主婦や会社員、パート・アルバイトの女性の方が男性よりも審査可決率が高い傾向があります。

もっとも、専業主婦は無収入になるため配偶者の属性が鍵を握っていますので配偶者次第という面はありますが、ある程度条件が揃っていれば少々年齢が高くても審査可決実績があります。(満65歳の専業主婦でも審査可決実績あり)

 

また、最近ではイオンカードの種類も豊富になってきており、ネット銀行のキャッシュカード+電子マネー機能付きのイオンカードセレクトであれば、何も女性にこだわる必要はないため男性でも審査可決実績が多数報告されています。

そのため、男性の場合には通常のイオンカードでは無くカード機能が豊富なイオンカードセレクトの審査へ申し込んだ方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ