加盟店契約会社(アクワイアラ)の種類・特徴・概要

これまで、「国際ブランド」「クレジットカード発行会社(イシュア)」について解説をしてきました。今日は、クレジットカードに関わる4つの会社の中でイシュアと最も関係が深い「加盟店契約会社(アクワイアラ)」について、詳しく説明していきます。

利用者としてはあまり聞き慣れない「アクワイアラ」ですが、みなさんがクレジットカードを使うにあたって、実はとても重要な役割を果たしていることをご存知でしょうか。以下で解説していきます。

加盟店契約会社「アクワイアラ」とは?

「アクワイアラ」とはクレジットカードの加盟店の獲得と管理を行う加盟店契約会社のことを指します。

加盟店(お店)はアクワイアラと契約をすることで、 クレジットカードを利用できるようになります。アクワイアラは、割賦販売法で立替払取次業者として定義されており、加盟店が利用者からクレジットカード払いを受け付けると、アクワイアラがその代金を立て替えて加盟店へ入金します。

このように、アクワイアラは加盟店と国際ブランドの間を取り持つ役割を果たしています。アクワイアラの中には複数の国際ブランドを扱うアクワイアラもいるため、加盟店はすべての国際ブランドと契約をせずに複数のクレジットカードを扱うこともできます。

クレジットカード会社「イシュア」との違い

「イシュア」はクレジットカード発行会社のことで、アクワイアラが加盟店と国際ブランドの間を取り持つ役割を果たすのに対し、利用者と国際ブランドの間を取り持つ役割を担っています。

簡単に言えば、アクワイアラが「加盟店の開拓や審査を行う会社」、イシュアが「会員にクレジットカードを発行し、管理を行う会社」ということです。日本では、このアクワイアラとイシュアの両方の業務を兼務している会社がほとんどです。

アクワイアラの3つの役割

アクワイアラ(Acquirer)が英語で「得る・獲得する」という意味を持ちます。その意味通り、アクワイアラの主な役割加盟店の開拓や管理ですが、実はそれ以外にもアクワイアラは大事な役割を担っています。

以下では、アクワイアラが果たす3つの役割について詳しく説明していきます。

  • ①加盟店を増やす
  • ②加盟店を審査する
  • ③支払いを取り次ぐ

①加盟店を増やす

お店がクレジットカードを利用するためには、アクワイアラと契約をし、加盟店になる必要があります。アクワイアラはクレジットカードを利用したいお店を集め、加盟店を増やしていく役割を担っています。アクワイアラはこの加盟店から得られる手数料の一部を利益として運営されています。

②加盟店を審査する

アクワイアラには、集めた加盟店を審査する役割も担っています。自社のブランドを損ねるような会社と加盟店契約を行うということは、信用の低下につながります。そのため、アクワイアラは、加盟店になりたい店の取り扱う商品・サービスがクレジットカードでの販売に向いているのかどうかを審査します。もちろん、契約後も定期的に加盟店の事業内容をチェックして、管理を行うこともアクワイアラの役割です。

③支払いを取り次ぐ

アクワイアラの管理業務には、加盟店からのクレジットカード利用データに基づいて、加盟店へ商品代金の立て替えも含まれています。イシュアは利用者からクレジットカードの利用代金を回収しますが、加盟店と契約を結んでいるわけではないため、加盟店と契約をしているアクワイアラが支払いを取り次ぎ、加盟店へ代金を支払うのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本では、このアクワイアラとイシュアの2つの業務を兼務している会社がほとんどですが、JCBのように「アクワイアラ」と「イシュア」「国際ブランド」の3つの業務を兼務している会社もあります。そのため、クレジットカードを選ぶ際には「国際ブランド」と「イシュア」を気をつければ「アクワイアラ」を強く意識する必要はありません。

ですので、自分の使用用途にあったクレジットカードを選び、特典などをうまく利用できるようにしていくとよいでしょう。





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ