「クレジットカード審査の基礎知識」の記事一覧(4 / 6ページ)

旧姓時の延滞情報は入会時に発覚する可能性がある

クレジットカード審査と旧姓時の延滞の関係について 以前クレジットカードや各種ローンで延滞や債務整理を起こしてしまった場合、そのままの姓では個人信用情報機関の信用情報から事故情報が消える5~10年間はクレジットカード審査で・・・

電話番号104登録しておけば審査がスムーズに進みます

クレジットカード審査と104登録について クレジットカード審査で他人の電話番号を書いたらどうなりますか?では、クレジットカード審査で申込書に他人の電話番号を記入してもクレジットカード会社に見破られる可能性が高いと説明しま・・・

クレジットカード審査では基本家族の利用状況は調べません

クレジットカード審査と家族の利用状況について 夫婦はもちろんですが、家族が多い場合には家族それぞれがクレジットカードを持っている可能性がありますよね?家族それぞれがクレジットカードを複数枚持っていれば、その合計だけでかな・・・

ローン審査に不利な職業はこれです

ローン審査には不利な職業があります ローン審査に有利な職業があるのを知っていましたか?では、ローン審査に有利な職業について説明しました。ただ、ローン審査に有利な職業があれば不利な職業もあるのが世の中の常(?)ですよね? ・・・

ローン審査で有利になる職業はこの職業です

ローン審査では有利になる職業があります ショッピングローンやオートローンなどのローン審査では、住所・氏名や勤務先・居住年数情報などの属性情報を元に審査が行われますよね?まあ、これ以外に過去のローン利用履歴や延滞の有無など・・・

クレジットカード審査の申込経路は重要です

クレジットカード審査にも有利な申込経路があります ローン審査は申込経路で左右されるって知っていましたか?では、ローン審査ではローン会社社員との直接面談による申込の場合、他の申込方法よりは審査が緩くなると説明しました。 こ・・・

ローン審査では申込場所により結果が異なります

ローン審査で有利になる申込場所について ショッピングローンやオートローンなどに申し込む場合、郵送やネット申込などの方法がある事は、すでにあなたもご存知かと思います。ただ、郵送やネット申込で行うローン審査よりも、審査結果を・・・

住所の虚偽申告をしても無駄になる可能性が高いです

住所の虚偽申告にメリットはあるのでしょうか? 属性情報の虚偽申告シリーズ(?)も、今回で3回目となりました。そこで、今回の記事ではクレジットカード審査において住所の虚偽申告は大丈夫なのか?について検証したいと思います。 ・・・

クレジットカード審査では住民票が徴収される場合があります

クレジットカード審査でも住民票が徴収される場合とは? 住民票と言えば、その住所に住んでいるという証明=公的機関からのお墨付きをもらう事が出来る書類になります。そして、これは一般的にはあまり知られていない事かも知れませんが・・・

生年月日の虚偽申告をしても無駄になります

クレジットカード審査と生年月日の虚偽申告について クレジットカード審査で氏名の虚偽申告は可能でしょうか?では、氏名の虚偽申告をしてもあまり意味がないと説明しました。もっとも、氏名の虚偽申告などという事は、カード審査以前の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ