短期間での申込回数の限度はこのくらいです

短期間でのクレジットカード審査申込回数について

a1640_000171

当ブログでは、何回か短期間での複数のクレジットカード申込はクレジットカード審査に悪い影響を及ぼすため控えてくださいと説明してきました。これは、クレジットカードの申込情報が、個人信用情報機関の信用情報に6ヶ月間登録されているからなのです。

クレジットカード会社からは、信用情報にカードの申し込み情報が複数登録されていた場合、この申込者には他社でこれだけ断られているのだから何かしらの問題があるのではないのか?と思われてしまいますので、短期間での複数回申し込みはやめた方が良いです。

 

ただ、短期間で複数のクレジットカード申込はダメですと説明してきましたが、具体的な数字についてはまだ説明していませんでしたね。肝心の数字の目安が分からなければどうやったら良いのかが分かりませんよね?そこで、今回の記事では、クレジットカードの申込回数の限度について説明します。

 

スポンサーリンク


短期間でクレジットカードの申込回数が多いと大変です!

これは、一体何が大変かというと、クレジットカード審査に通らなかったり、審査に通ったからといって次から次へと短期間に何社もクレジットカードに申し込むと、クレジットカード会社からはブラック並みの扱いを受けるのです。

もっとも、金融業界には申込ブラックという専門用語があるくらいで、あきらかに短期間での申込件数が多くなっていると、この申込回数が影響してその後はクレジットカード審査はもちろん、それ以外の各種金融商品の審査にも通る可能性がとても低くなってしまうのです。

 

短期間での複数申込はお金に困っている可能性あり

短期間に申し込みが集中していると、短期間で複数の申し込みがある=現状の生活に困っている=お金が足りないためカード利用による換金が目的なのでは?とクレジットカード会社に判断される可能性が高くなります。

それに、個人信用情報機関の信用情報に複数の申込情報が登録されていれば、これはカード会社の審査担当者では無くても、この申込者は短期間でこれだけの申し込みを行うには何かよからぬ理由があるのでは?と不審に思ってしまいます。

そのため、クレジットカード審査への申し込みを行う場合には、どのような理由があるにせよある程度の期間を置く必要があるのです。

 

ちなみに、これは某クレジットカード会社の審査基準あるのですが、クレジットカードの申込が1ヶ月間に3件以上あった場合は、審査以前に無条件で却下になるのです。無条件で却下になるので、これは本当にブラック並みの扱いですよね?

それは、例えこちらの当ブログお勧めのクレジットカードでも同様になりますので、短期間での複数カード申込には注意が必要になりますよ。

 

ショッピングローンの場合は審査に通る場合もある?

短期間で複数回の申し込みですが、これがショッピングローンの場合には小額の商品であれば1ヶ月に3回程度審査に通る可能性があります。ただ、これがクレジットカードの申込では、よほど属性情報が良く信用情報の評価も高い方でなければ1ヶ月間で2枚が限度だと思いますし、3枚目を申し込んでも却下される可能性が非常に高くなります。

これは、多重債務者に多いのですが、クレジットカードにはキャッシング枠があるため、このキャッシング枠を目的にクレジットカードに申し込む場合が多いのです。

しかし、多重債務者は今後クレジットカード代金の支払い不能になる可能性が非常に高いため、クレジットカード会社では短期間での複数回申込は多重債務の危険ありと判断しますので、クレジットカード審査で落ちる可能性がたかくなるのです。

 

結局クレジットカードの申込回数の限度は何回まで?

クレジットカードの申込回数の限度ですが、クレジットカード審査に通った場合でも1ヶ月間に2枚、6ヶ月間の合計で3枚までが良いです。また、最初のクレジットカード審査で落ちた場合、さらに2社目の審査でも落ちたらその時点でクレジットカードの申し込みは控えるべきです。

その後、例え審査に申込をしたとしても、この多重申込がこちらの記事で説明しているようにクレジットカード審査に通らない理由となるため、審査で落ちる可能性が非常に高くなります。

ですので、2社目の審査で落ちた場合には、信用情報から申込情報が消える6ヶ月間の申し込みは控えてくださいね。クレジットカード審査では、立て続けに申し込むよりは適当な間隔で申し込んだ方が審査に通る可能性が高くなりますよ。

 

スポンサーリンク





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ