審査における固定電話と携帯電話の違いはこれ

クレジットカード審査と固定電話や携帯電話の関係

a1180_009606

クレジットカード審査では、クレジットカード申込書に自宅の電話番号や勤務先の電話番号を記入する欄があり、クレジットカード会社ではこの番号を元に本人確認在籍確認を行います。

もっとも、この電話番号の記入が無い、もしくは電話番号が間違っていたらクレジットカード申込者本人への確認が取れないため、審査に通らない可能性が非常に高くなってしまいます。

それほど、クレジットカード審査において、属性情報の中でも電話番号というのは非常に重要な役割を持っているのですが、この電話番号、最近では固定電話番号のほかに携帯電話番号を記入する方が増えているようです。

 

確かに、最近では固定電話よりも携帯電話の普及の方がはるかに多くなっていますので、各クレジットカード会社でも携帯電話に対応せざるを得ないというのが現状のようです。

ただ、いくら携帯電話の普及が多くなってきたとはいえ、携帯電話は固定電話と違い移動する事が可能なので、本人がその住所に住んでいるのかの確認を取る事が難しいように思えます。それでは、実際のところクレジットカード審査では、固定電話と携帯電話とでは、どのような影響が出てくるのか?について説明します。

実は、普段何気なく申込書に記入する電話番号ですが、申し込むクレジットカードによっては審査結果が異なる可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


固定電話と携帯電話では固定電話が有利になります

まず、クレジットカード審査では、審査基準としてカード利用代金の延滞が発生した際に確実に電話連絡が取れる方という条件がありますので、固定電話や携帯電話を持っていない方は審査に通らない可能性が非常に高いです。

確かに、カード利用代金の支払いを延滞されて逃げられでもしたら、カード会社にとっては損失を出してしまう事になりますので、これは絶対に避けなければなりませんから。ただ、こちらのお勧めクレジットカードの中には、過去に携帯電話でも審査に通った事例がありますので、固定電話が無いという方でも問題なさそうですね。

 

次に、固定電話では本人名義か否かによってスコアリングが異なってきます。それは、他人よりも本人名義の方がその信用性が高くなるからです。それはそうですよね?他人名義の固定電話を使っているよりも、本人名義の固定電話を使っている方が、客観的に見ても信用性が高くなりますから。

つまり、固定電話でもレンタル電話や寮に設置してある電話の場合は、本人名義ではないため、本人名義の固定電話よりもスコアリングは低くなります。

※スコアリングクレジットカード審査におけるスコアリングとは一体なに?

 

そして、固定電話(本人名義)の場合は、NTTの電話帳検索や104番号案内によって本人名義の裏づけが取れるため、電話番号だけでは本人名義の裏づけを取ることが出来ない携帯電話よりもスコアリングが高くなります。

まあ、携帯電話の場合は、特に自宅にいなくても電話に出ることが可能なので、確実に申込書に記載されている住所に住んでいるかどうかが判断出来ないため、固定電話よりもスコアリングが低くなるのは致し方ありません。かと言っても、近年では携帯電話が普及しているため、各カード会社においては携帯電話番号だけでも柔軟に対応するようにはなってきています。

※系統別カード会社系統別クレジットカード会社の審査状況はどんな感じですか?

 

ちなみに、審査が厳しい系統で有名(?)な銀行系クレジットカードでは、固定電話以外は却下というカードもあるので、申し込みの際には注意が必要です。

 

携帯電話というだけで審査に落ちる事は無くなってきています

先程も説明しましたが、近年では携帯電話の普及が多くなってきましたので、クレジットカード審査では電話番号が携帯電話のものというだけの理由で審査に通らなくなる事は無くなってきているようです。

もっとも、近年の携帯電話状況を考えれば、固定電話を持たずに携帯電話だけ持っているという方が増えてきていますので、電話番号が携帯電話という理由でクレジットカード審査に落としていては、顧客獲得へ深刻な影響が出てしまいます。

カード会社としても、顧客の状況に応じて柔軟な姿勢を取る事は、今後の自社顧客獲得のためには欠かせませんので、この対応はごく当たり前と言えますね。

 

ショッピングローンや高額なローンでは審査上不利になります

ただ、いくら携帯電話が普及してきたからと言っても、支払い実績が無く少し高額なショッピングローンやオートローンなどの場合には、携帯電話のみだと審査上不利になっているようです。

というのも、各金融会社では、携帯電話は買い替えなどで簡単に電話番号を変える事が出来ますので、万が一延滞が発生した場合に顧客と連絡が取りづらい事が理由として挙げられるのです。

確かに、携帯電話の場合は固定電話とは違い、ショップで簡単な手続きを経ればいとも簡単に電話番号を変更する事が出来ますので、延滞発生→電話番号の変更→顧客と連絡が取れずなどという事にでもなったら、余計な手間が出きてしまいますから仕方ありませんね。

 

ちなみに、今までの支払い実績がしっかりあるという方の場合には、携帯電話のみでも審査上不利になるという事はないようです。ですので、現在携帯電話のみで少し高額なショッピングローンやオートローンを利用しようと考えている方は、固定電話を引くか、支払い実績を積み重ねる必要があります。

クレジットカード審査のみならず、各種金融商品の審査においては今までの支払い実績(クレヒス)は重要になりますので、審査に通らなくて困っている方は携帯電話本体の支払でも良いので地道にクレヒスを積み重ねる事をお勧めします。

 

スポンサーリンク





Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/xsvx1014079/xn--u9jtgla0b3c4ai9yift296bwgaz77kru6c.com/public_html/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 462

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ